アイスクリームのカロリーとダイエットについて

アイスクリームのカロリーとダイエットについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

545

ダイエットはしたいがアイスクリームは食べたい、しかしカロリーが気になるという人も多いはずです。ダイエット中でも食べたい、と言うときにはカロリーを知り、量をコントロールすることで美味しくアイスを食べることができます。また、一日の中で最も体温が高く太りにくい午後15〜18時の間に食べる、冷たいアイスを食べたあとは、体が冷えているため代謝が落ちたり、内臓が冷えることで消化器官の機能が低下してしまうため、太りやすい体になってしまいます。体温を上げるためにも、食べた後は温かいお茶を飲むなどして体を冷やしたままでいないことも重要になります。


  • アイスクリームとは

  • アイスクリームとは
  • アイスクリームとは、牛乳などを原料にして冷やしながら空気を含むように撹拌してクリーム状にしたものを凍らせた菓子のことをいいます。
    この凍らせた菓子は乳脂肪によって「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」に分けられます。
    アイスクリームは、乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上の100gあたり180kcalのものをいい、アイスミルクは乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上の100gあたり167kcalのもので、ラクトアイスは乳固形分3.0%以上のもので100gあたり224kcalほどになります。
    ダイエットはしたいがアイスクリームは食べたい、しかしカロリーが気になるという人も多いはずです。
    ダイエット中でも食べたい、と言うときにはカロリーを知り、量をコントロールすることで美味しくアイスを食べることができます。
  • ダイエットには手作りがおすすめ

  • ダイエットには手作りがおすすめ
  • 市販のアイスでは、量が調整しにくい、と言う場合におすすめなのが手作りです。
    水切りヨーグルトに、イチゴやバナナ、ジャムやメープルシロップなど好きなトッピングを混ぜて冷凍庫に入れるだけの簡単レシピや豆乳にジュースを入れて固めたもの、バナナと無糖ココア、豆腐などをすべらかにして凍らせたもの、牛乳にスキムミルク、バニラエッセンスにはちみつを入れた低カロリーなものまで楽しむことができます。
    豆乳や豆腐を使うことによって、満足感のほかにビタミン類の摂取などの健康効果もあり、またヨーグルトには便秘解消などのメリットもあります。
    また、市販の物よりも砂糖の量を減らすことができるため、これもダイエットへと繋がるとも言えるのです。
  • 食べる時にはサイズや時間に注意して

  • 食べる時にはサイズや時間に注意して
  • アイスクリームは、美味しい物です。
    しかし、それにトッピングされているコーンやワッフル、最中やウエハースなどのカロリーもプラスされることを覚えておかなくてはアイスを減らしたところで、意味がなくなってしまいます。
    そのため、食べるときにはコーンカップのものを選ぶよりも、カップに入っているものを選ぶ、大きいサイズのものは選ばないなどの選択を行うことも大切です。
    また、一日の中で最も体温が高く太りにくい午後15〜18時の間に食べる、冷たいアイスを食べたあとは、体が冷えているため代謝が落ちたり、内臓が冷えることで消化器官の機能が低下してしまうため、太りやすい体になってしまいます。体温を上げるためにも、食べた後は温かいお茶を飲むなどして体を冷やしたままでいないことも重要になります。
    空腹時には糖分が吸収されやすくなるため、避けることが無難です。
アイスクリームのカロリーとダイエットについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事