カロリーオフのアイスクリームの選び方

カロリーオフのアイスクリームの選び方

Thumb?1414295452 muah♪さん

455

近年は食の欧米化や食べ物の過剰摂取によって、肥満をはじめとする生活習慣病に悩む人が急増しています。こういった背景から健康に対する意識が高まり、ダイエットに励む人口も増えています。ダイエット中でも甘いものを食べたくなる時が必ずあります。アイスのような脂肪分の多いものは避けなければいけないと思いがちですが、実は選び方、食べ方さえ間違えなければ食べてもOKなのです。


  • ダイエット中は選び方、食べ方に注意

  • ダイエット中は選び方、食べ方に注意
  • 日本でのアイスクリームの歴史は古く、明治2年に初めてあいすくりんという名で横浜で販売され、長年愛され続けているデザートです。日本人の好きな嗜好品ナンバーワンはこの11年間変わらずアイスクリームというデーターがあるほど、男女問わず好きな食べ物で、約7割の人が月に二回以上アイスを食べています。
    さて、近年は食の欧米化や食べ物の過剰摂取によって、肥満をはじめとする生活習慣病に悩む人が急増しています。こういった背景から健康に対する意識が高まり、ダイエットに励む人口も増えています。しかしダイエット中でも甘いものを食べたくなる時が必ずあります。ダイエット中の方は、アイスのような脂肪分の多いものは避けなければいけないと思いがちですが、実は選び方、食べ方さえ間違えなければ食べてもOKなのです。
  • どのようなアイスを選べばよいのか

  • どのようなアイスを選べばよいのか
  • では、どのようなアイスを選べばよいのでしょうか。アイスといっても種類は様々で、乳脂肪分の量によって分類されています。乳脂肪の多い順に、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓となっていますが、この順はカロリーの高さには比例しません。なぜならラクトアイスは乳脂肪分は少ないですが、代わりに植物性脂肪を加えるためアイスクリームよりも高カロリーになりがちです。また氷菓は糖分や練乳がたっぷり含まれるものもあるので、なるべくシンプルなものを選ぶよう気をつけなければいけません。一番カロリーオフと言えるのは、アイスミルクやフルーツソルベでしょう。空気量の多いソフトクリームもおすすめです。こちらはコーンよりもカップで食べるとよいでしょう。
    また、最近ではカロリーオフを念頭においたアイスが販売されており、砂糖よりカロリーの低い人工甘味料を使用したり、材料に豆腐を使用したり、食物繊維を加えたりしたヘルシーな商品が人気を呼んでいます。甘さ控えめながらも味、食感ともに満足感のある食べ応えのようです。アイスを食べたいけれど我慢していたダイエッターたちには嬉しい商品ですね。
  • 食べる時間帯に注意

  • 食べる時間帯に注意
  • ダイエット向きのアイス選びができたら、次は食べる時間帯に注意しましょう。一番太りにくい時間帯は、体温が高くなる午後15時〜18時です。体温が高いと代謝が上がり、脂肪分の分解が盛んに行われ太りにくくなります。しかし、お酒を飲んだ後や夜中にアイスを食べたくなる人が多いというデーターもありますので、誘惑に負けずになるべく午後の時間帯に食べるよう頑張りましょう。
カロリーオフのアイスクリームの選び方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事