アイスクリームとソフトクリームのカロリーの違い

アイスクリームとソフトクリームのカロリーの違い

Thumb?1414295452 muah♪さん

3769

冷たくて美味しいスイーツの定番と言えばアイスクリームとソフトクリームです。どちらも牛乳や生クリームなどの乳製品を主な原料として、専用の機械で撹拌して凍らせて作ります。アイスクリームでもソフトクリームでも低脂肪のものや人工甘味料を使ってダイエット中も安心して食べられる商品がたくさんあります。


  • 冷たくて美味しいスイーツの定番と言えば

  • 冷たくて美味しいスイーツの定番と言えば
  • 冷たくて美味しいスイーツの定番と言えばアイスクリームとソフトクリームです。どちらも牛乳や生クリームなどの乳製品を主な原料として、専用の機械で撹拌して凍らせて作ります。大きな違いは硬さで、アイスクリームはマイナス25度〜30度という低い温度で保存されるのでしっかり固まってなかなか溶けないのに対し、ソフトクリームはマイナス5度〜7度程度の比較的高めの温度で保存するので仕上がりが柔らかく、完全に固まっていない状態なので滑らかです。どちらも様々な味やフレーバーがあり、スーパーやコンビニで買えるものから専門店や地域限定商品まで数多くの種類が販売されています。
  • アイスにはお砂糖や生クリームがたっぷり

  • アイスにはお砂糖や生クリームがたっぷり
  • アイスにはお砂糖や生クリームがたっぷり使われているので、食べると太るという印象がありダイエット中は食べたくても我慢しなければいけないような気がします。実際アイスクリームはカロリーが高めの商品が多く、100グラムあたり200kcalから300kcalくらいのものが普通です。チョコレートやクッキー&クリーム、キャラメル、特濃バニラなど原料が甘かったり脂肪分を多く含む種類だと更に高カロリーになってしまいます。一方ソフトクリームは100グラムあたり150kcalから200kcal程度で、アイスクリームよりもヘルシーです。これは、口当たりをソフトにするために製造段階で空気をたくさん取り入れるためボリュームの割に脂肪分が少なくなることと、人間の舌は温度が高ければ甘みを感じやすくなるので比較的高い温度で保存するソフトタイプのアイスは普通の硬いアイスよりも原料の砂糖が少なくて済むのが理由です。ソフトタイプはフレーバーもバニラやストロベリー、コーヒー、抹茶などヘルシーなものが多く、カロリーの高いクッキーやチョコチップ、クランチ、ナッツ、マシュマロなどのトッピングもないので基本的にアイスよりもダイエットに向いています。
  • ダイエット中も安心して食べられる商品もある

  • ダイエット中も安心して食べられる商品もある
  • アイスクリームでもソフトクリームでも低脂肪のものや人工甘味料を使ってダイエット中も安心して食べられる商品がたくさんあります。また、コーン入りではなくカップ入りを選ぶことで100kcal程度の熱量を節約することができます。どうしてもアイスが食べたくなったときは低糖・低脂肪タイプのものやソフトタイプの種類を選んで、特濃やチョコレートではなく果物系やかぼちゃ、芋など野菜系のフレーバーを食べればビタミンや食物繊維も摂取できて美肌や健康効果も期待できます。
アイスクリームとソフトクリームのカロリーの違い
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事