長年のデザートとして人気のアイスクリームの賞味期限とは

長年のデザートとして人気のアイスクリームの賞味期限とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

477

食後の楽しみとして甘い物を食べるデザートは欠かせないものですが、そのデザートで長年愛されている甘いものがアイスクリームです。アイスクリームが長年愛されているのは多種多様な味のフレーバーがあることが一番ですが、それと同時に冷凍庫から出せば好きな時に好きな量を食べることができる事が気軽食べることのできるデザートとして人気となったことです。


  • 食後の楽しみとして長年愛されているアイスクリーム

  • 食後の楽しみとして長年愛されているアイスクリーム
  • 食後の楽しみとして甘い物を食べるデザートは欠かせないものですが、そのデザートで長年愛されている甘いものがアイスクリームです。これは乳脂肪分を凝縮した生クリームに黄卵と砂糖を混ぜて凍らせた氷菓で、この材料の中にバニラの種もしくはエッセンスを加えて作るバニラを基本に抹茶やチョコレートなどを加えることによって様々なフレーバーの味を楽しむことができます。このアイスクリームが長年愛されているのは多種多様な味のフレーバーがあることが一番ですが、それと同時に冷凍庫から出せば好きな時に好きな量を食べることができる事が気軽食べることのできるデザートとして人気となったことです。
  • 安全性を目で見える形としてあるのが賞味期限です

  • 安全性を目で見える形としてあるのが賞味期限です
  • そこで疑問となるのがこの材料の多くは糖分や乳脂肪分など栄養分が優れて高いことによって細菌類にとって繁殖しやすい食材が大量に使われていることです。そのため安全性への認識が高まっている今日において、この安全性を目で見える形としてあるのが賞味期限です。この賞味期限は作られた食べ物が製造された日から算出してその後どれまでの期間で作られた食品が安全に食べられるかを記載する項目で、現在では食品安全の法律としてすべての商品に記載されていることが義務付けられています。
  • 賞味期限の記載のないアイスクリーム

  • 賞味期限の記載のないアイスクリーム
  • このアイスクリームの場合の賞味期限の記載はどうなっているのかというと、このアイスクリームには安全上において記載されていなければならない賞味期限の記載がされていないのです。それは賞味期限の記載のルールの中に、その食品の劣化の原因が進行しない環境の食品には記載しなくても良いルールがあるためです。氷菓だけでなくこの冷凍食品全般に言えることですが安全に食べられるという項目で最も重要なのは食品が空気中に含まれている細菌が触れることによって増えるかであり、先に言ったとおりにこのアイスクリームは糖分や乳脂肪分など栄養分が優れて高いことによって細菌類にとって繁殖しやすい食材であることに変わりはないのです。
    しかし空気中に含まれている細菌が活動できる温度は10度以上75度未満が条件のため、アイスクリームを保存する家庭用冷凍庫の平均温度は0度から5度の範囲で設定されていることから空気中に含まれている細菌類が活動出来ないため記載されていない理由です。しかし記載されていないとはいえ、この食品を食べた後に保存する場合には空気中の細菌だけでなく自身が持つ細菌が付いている場合が多く冷凍したとしても安全の劣化は進んでいるため開封した時には速やかに食べることに変わりないのです。
長年のデザートとして人気のアイスクリームの賞味期限とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事