アイスクリームの賞味期限と法律について

アイスクリームの賞味期限と法律について

Thumb?1414295452 muah♪さん

454

アイスクリームに関して、賞味期限が書かれたものは少ないです。これは、アイスクリームに賞味期限がないからではなく、法律で賞味期限の表示を省いてもかまわないことになっているため、多くのアイスクリームを製造している会社では期限を表示しないためです。アイスクリームがもともと−18℃以下の冷凍保存をするために製造された食品であるため、原材料の品目も少なく細菌が繁殖する可能性はないからです。


  • アイスクリームに関しては、賞味期限が書かれたものは少ないです

  • アイスクリームに関しては、賞味期限が書かれたものは少ないです
  • 通常、食品のほとんどにはその品質を維持できる賞味期限を製品のどこかに表示することが義務になっています。しかし、アイスクリームに関しては、賞味期限が書かれたものは少ないです。これは、アイスクリームに賞味期限がないからではなく、法律で賞味期限の表示を省いてもかまわないことになっているため、多くのアイスクリームを製造している会社では期限を表示しないためです。法律は、食品衛生法の第19条や第3条に詳しく書かれています。法律で表示を省略してもよいとされているのは、アイスクリームがもともと−18℃以下の冷凍保存をするために製造された食品であるため、原材料の品目も少なく細菌が繁殖する可能性はないからです。
  • 品質も劣化しづらいため、表示を省略しても安全性に問題がないことが理由

  • 品質も劣化しづらいため、表示を省略しても安全性に問題がないことが理由
  • また、品質も劣化しづらいため、表示を省略しても安全性に問題がないことが理由です。日本だけでなく、世界的にもアイスクリームの表示を省くことが法律で認められている国が多いです。業務用のアイスの場合は、2年間冷蔵庫で保存していても、味や見た目に変化がないといわれています。家庭用の冷蔵庫は、飲食店で設置されている業務用の冷蔵庫とは違い、長期間状態よく保存するのは難しいです。家庭用の冷蔵庫の冷凍室は、−20℃前後が基本ですが冷凍食品などのほかの食べ物をいれていたり、気温が上がる夏に扉の開け閉めを繰り返すなどして、冷凍室の温度自体が上がることがあります。そのため、業務用のアイスクリームに比べると、家庭用冷蔵庫の冷凍室で保存しているアイスの品質は長期間良い状態を維持するのは難しいです。
  • アイスの味や風味にこだわるのであれば、だいたい1か月が目安

  • アイスの味や風味にこだわるのであれば、だいたい1か月が目安
  • アイスの味や風味にこだわるのであれば、だいたい1か月が目安となります。安全に食べられることだけを重視するのであれば、家庭用の冷蔵庫での保存でも1年から2年ぐらいもつことができます。時間が経つほどアイスの見た目や風味などは多少変化していきますが、菌の繁殖は起きません。しかし、一度常温で溶けたアイスを再び冷凍室で保存した場合は、注意が必要です。一度空気に触れた部分は霜がつきやすく風味もかなり落ちます。また、冷蔵庫のにおいがアイスについてしまったり、水分が蒸発して冷凍焼けを起こすこともあります。常温で一度開封したアイスを保存するときの目安としては、1週間程度が風味や味の大きな変化を受けずに食べられる期間だといわれています。劣化をなるべく遅らせるには、開封した後は、アイスの容器のふたをしっかりしめて、フリーザーバッグに入れて、なるべく空気に触れないように工夫するとよいです。
アイスクリームの賞味期限と法律について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事