適切な温度でアイスクリームの賞味期限は無限大

適切な温度でアイスクリームの賞味期限は無限大

Thumb?1414295452 muah♪さん

677

冷凍庫を整理していたらいつ買ったのかわからないアイスクリームを発見することがあります。でもそれ、本当は食べて大丈夫です。なぜかと言うと、適切な温度で保存されたアイスクリームには賞味期限がないからです。アイスクリームは温度管理さえしっかりしていれば、味も品質も維持できるからです。一度融けてしまったらもう一度凍らせないで、すぐに食べてしまう方がいいでしょう。


  • アイスクリームには賞味期限がない

  • アイスクリームには賞味期限がない
  • 冷凍庫を整理していたらいつ買ったのかわからないアイスクリームを発見することがあります。食べて大丈夫だろうかと賞味期限を探しても見当たりません。結局、不安は解消されないから泣く泣くゴミ箱へと言うことになります。それが高級なやつだったり、限定品だったりしたら悔やみきれません。でもそれ、本当は食べて大丈夫です。なぜかと言うと、適切な温度で保存されたアイスクリームには賞味期限がないからです。
  • 温度管理さえしっかりしていれば、味も品質も維持できる

  • 温度管理さえしっかりしていれば、味も品質も維持できる
  • 賞味期限とは、未開封の長期保存可能な加工食品を適切に保存した場合に味と品質が保てる期間として表示するものです。ちなみに消費期限は、短期間(5日程度)に品質の低下が認められる食品についてその使い切る期限を定めているものです。アイスクリームはそのどちらも表示していません。温度管理さえしっかりしていれば、味も品質も維持できるからです。
    まず、味についてですが、成分が均一に混ざり合っているかぎりおいしさは変わりません。成分が不均一になるのは一度融けてしまった水分がもう一度固まることで大きな固まりなってしまうからです。だから、一度融けてしまったらもう一度凍らせないで、すぐに食べてしまう方がいいでしょう。
  • -18℃と言う温度が大変重要になります

  • -18℃と言う温度が大変重要になります
  • アイスクリームは工場出荷まで-25℃以下に温度管理されています。この時の氷結率(水が凍結している割合)は90%以上です。-15℃まで上がると85%以上になります。
    その差は5%とわずかのように思えますが、それだけの水分が溶け出しただけでも味は変わってしまいます。そのために工場出荷後の輸送、保存は-18℃以下を推奨しています。一般家庭の場合、冷凍庫が独立している冷蔵庫であればたいていが-18℃の設定ができます。だから、冷凍庫に入れている間はおいしさが維持されます。
    品質の面でも、-18℃と言う温度が大変重要になります。品質が劣化すると食中毒などの危険性が大きくなります。食中毒は毒性を持った細菌が増殖することが原因です。温度が低ければ低いだけ、細菌の増殖を抑えることができるので、その心配が少なくなります。-10℃以下では細菌が発育することができなくなります。さらに-18℃では酵素やカビも発育することができません。だから、冷凍庫に入れている間は細菌の心配もありません。
  • 冷凍庫の奥にしまい込んで食べたいときに食べればいい

  • 冷凍庫の奥にしまい込んで食べたいときに食べればいい

    出典: instagram.com

  • アイスクリームは賞味期限がないから、安売りの時の大量買いやいつか食べたい期間限定品の衝動買いも怖くありません。とりあえず冷凍庫の奥にしまい込んで食べたいときに食べればいいのです。あと、長期保存が可能だから万が一のときにも、役立ちます。停電したらまずアイスクリームを食べてお腹と気持ちを落ち着かせてから対応を考えるなんて意外といい方法じゃないでしょうか。
適切な温度でアイスクリームの賞味期限は無限大
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事