アイスクリームとシャーベットの賞味期限はどのくらい

アイスクリームとシャーベットの賞味期限はどのくらい

Thumb?1414295452 muah♪さん

1339

アイスクリームとシャーベットの原料や特徴はどんなものでしょうか。アイスは、種類別名称と乳脂肪分、乳固形分の重量割合を表示することが義務付けられていますので、どのようなアイスを食べたいか決まっている時やカロリーが気になるときは、表示を参考にして購入するのが良いでしょう。では、賞味期限はどれくらいでしょうか。アイスは、賞味期限がありません。つまり冷凍庫などで冷凍保存していれば、半永久的に同じ状態を保ち続けることができます。同じように、シャーベットも基本的に、アイスクリームと同じ保存方法と取りますから賞味期限が表示する必要がありません。


  • 冬に食べてもおいしいアイスクリームとシャーベット

  • 冬に食べてもおいしいアイスクリームとシャーベット
  • 夏だけでなく、冬に食べてもおいしいのが、アイスクリームとシャーベットです。
    ガンガン暖房をたいた中で食べる冷たいアイスほど、甘美なものがありません。
    どちらも食べると幸せな気持ちにさせてくれます。
  • アイスクリームとシャーベットの原料や特徴はどんなものでしょうか

  • アイスクリームとシャーベットの原料や特徴はどんなものでしょうか
  • アイスクリームとシャーベットの原料や特徴はどんなものでしょうか。
    アイスクリームは、アイスクリームとアイスミルク、ラクトアイスの3種類を総称した名称です。原料は大部分が牛乳で、それを冷やしながら、生クリームなどの乳製品と砂糖、卵黄を混ぜて、空気を含むように撹拌してクリーム状にし、凍らせて固めたものです。
    アイスミルクやラクトアイスの区分は、含まれる乳固形分と乳脂肪分の量によってなされます。アイスクリームは、乳固形分が15パーセント以上で、乳脂肪分が8パーセント以上のものをいいます。乳固形分が10パーセント以上で乳脂肪分が3パーセント以上のものはアイスミルクに分類されます。ラクトアイスは、乳固形分が3パーセント以上で、乳脂肪分がないものになります。シャーベットは、氷菓とも呼ばれ、フルーツか果汁、シロップを原料として、それを撹拌して冷やして固めたものです。乳固形分や乳脂肪分は含まれていません。乳固形分と乳脂肪分は多く含まれていればいるほど、口あたりの良さや滑らかさが加わってコクやミルクの風味が増します。アイスは、種類別名称と乳脂肪分、乳固形分の重量割合を表示することが義務付けられていますので、どのようなアイスを食べたいか決まっている時やカロリーが気になるときは、表示を参考にして購入するのが良いでしょう。
  • アイスとシャーベットの賞味期限

  • アイスとシャーベットの賞味期限
  • では、賞味期限はどれくらいでしょうか。アイスは、賞味期限がありません。なぜなら、−18度以下での冷凍保存の状態においては細菌が減ることはあっても増殖することはないとされ、品質劣化が極めて小さく、安定している食品とされているので、賞味期限が設定されていません。つまり冷凍庫などで冷凍保存していれば、半永久的に同じ状態を保ち続けることができます。ただ、アイス中の氷結晶や乳糖が表面に出てることで、食感が変化することがありますから、やはり購入したらできるだけ早く消費するようにしましょう。
    同じように、シャーベットも基本的に、アイスクリームと同じ保存方法と取りますから賞味期限を表示する必要がありません。しかし、中には賞味期限の記載されている商品があります。その場合は、支持に従って期限を守るほうがよいでしょう。
アイスクリームとシャーベットの賞味期限はどのくらい
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事