早く治してあげたい!原因別赤ちゃんの肌荒れ対策

早く治してあげたい!原因別赤ちゃんの肌荒れ対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

329

赤ちゃんは、体調や環境のちょっとした変化により肌荒れを起こしてしまいます。生まれたばかりのすべすべお肌に肌荒れができてしまっているのは、とてもかわいそう。ここでは、赤ちゃんのナイーブなお肌を守るべく、肌荒れの様々な原因と原因別の対処法をご紹介しています。


  • 便秘による肌荒れにはこの対処法!

  • 便秘による肌荒れにはこの対処法!
  • 出典: instagram.com

  • 赤ちゃんが便秘で肌荒れしている時は、乾燥した状態や水分不足になっていないか注意してみましょう。
    便秘は水分が足りていないことでなることもありますし、肌荒れしているということは室内が乾燥しているということが考えられます。
    ですから、まだミルクしか飲んでいない赤ちゃんであれば白湯などの水分をいつもより気持ち多く与えるようにもしましょう。
    果汁入りのジュースなどは与えすぎると糖分の撮り過ぎや下痢、便秘を酷くさせてしまうこともあるので注意です。
    腸内環境を良くするには人肌程度に温めた白湯などを飲ませると良いです。
  • お部屋の乾燥には注意しましょう

  • お部屋の乾燥には注意しましょう

    出典: instagram.com

  • そして室内が乾燥していると体内の水分も失われ便秘になりやすくなるので、赤ちゃんが肌荒れしているような時は室内環境を良くしましょう。
    加湿器を置くのもいいですし、肌荒れしたらベビーオイルなどで肌の表面をなめらかにしてあげましょう。
    ベビーオイルで肌の表面をなめらかにすることでお腹のマッサージもしやすくなりますし、便秘解消に役立つでしょう。
    そしてベビーオイルで肌の表面を保護することで、体内の水分も失われにくくなります。
    乾燥したガサガサ肌のままでは菌も体に入りやすくなりますし、皮膚トラブルの原因にもなってきます。
  • ほどよい運動で便秘・肌荒れを防ぐ

  • ほどよい運動で便秘・肌荒れを防ぐ

    出典: free-images.gatag.net

  • 特に暖房機器なども使用していないのに赤ちゃんの肌がガサガサになっているようであれば、便秘にも注意しましょう。
    もともと肌が弱くすぐにガサガサになってしまう赤ちゃんもいますから、そういった敏感肌の赤ちゃんには小児科で処方してもらうローションなどで保湿ケアをしていくのもいいでしょう。
    そして冬は赤ちゃんが風邪をひかないように外出の機会も減ってしまうことが多いですが、外出が減ると今度は運動不足になってしまうことが多いので要注意です。
    運動も便秘にならないようにするには必要なことなので、冬の外出を控えるのであれば室内で遊ぶ方法を多く考えていくことが大事です。
  • 入浴で体を温めるのもひとつの対策方法

  • 入浴で体を温めるのもひとつの対策方法

    出典: instagram.com

  • そして入浴は体を温め、新陳代謝を良くし、赤ちゃんを夜ぐっすり寝かすのに欠かせないものですから毎日行うようにしましょう。
    入浴は体を程よく疲れさせ、保湿効果もあるので肌荒れ対策・便秘解消にも最適です。

    冬は暖房による乾燥と運動不足が便秘の原因になることも多いので、保湿と運動を心がけるようにしましょう。
    また、冬は室内にいることが多くなるので母親もリフレッシュできずイライラしてしまいがちです。
    こういった母親のイライラが赤ちゃんに伝わり、赤ちゃんも機嫌が悪く便秘がちに・・という悪循環になってしまうことがあるので、天気が良ければ一日1回は必ず外に出るといったようにしてもいいでしょう。
早く治してあげたい!原因別赤ちゃんの肌荒れ対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事