赤ちゃんもいびきをかく?鼻づまりが原因の時のいびき対処法

赤ちゃんもいびきをかく?鼻づまりが原因の時のいびき対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

435

赤ちゃんだって、いびきをかくことがあります。その一番の原因となるのが鼻づまりです。ただでさえ赤ちゃんは鼻が小さいですから、ちょっとしたことで鼻が詰まり、それにより口呼吸になり、いびきをかいてしまうことがあるのです。ここではそんな赤ちゃんの為に、赤ちゃんが鼻づまりでいびきをかいてしまう時の対処法を紹介します。


  • 身体を横向きにして寝かせてあげる

  • 身体を横向きにして寝かせてあげる
  • 出典: www.photo-ac.com

  • 鼻づまりでいびきをかいてしまう赤ちゃんには、身体を横向きにして寝かせてあげるというのが有効です。
    ずっと横向きでいたら、そのままうつ伏せになってしまったりして危険ですので、その点は注意が必要ですが、最初だけ横向きにしてあげるだけでも、鼻水がすごく流れやすくなり、鼻づまりが起こり、いびきにつながる可能性が低くなっていきます。

    呼吸がスムーズになり、赤ちゃんの熟睡にもつながっていくことでしょう。
    そういうことがあるので、赤ちゃんに鼻づまりが起こったら、まずは身体を横向きにして、鼻水が流れ出やすくなるようにしてあげてください。
  • 身体を起こしてあげるのも効果的

  • 身体を起こしてあげるのも効果的

    出典: www.photo-ac.com

  • 身体を横にしてあげると鼻水が流れ出やすくなりますが、さらに鼻水が出やすくなる体勢もあります。
    自分の事を考えみると分かるのではないでしょうか。
    寝転がっている時に比べて、起きている状態の時の方がはるかに鼻水は出やすいですよね。
    ですから、鼻づまりでいびきをかいている時には、身体を起こしてあげると良いでしょう。

    すると重力もあって鼻水が流れ出やすくなるはずです。
    ただし、そうして姿勢をいじる時には、赤ちゃんを起こしてしまわないように、また、赤ちゃんにとって辛い体勢にならないように注意が必要です。
  • 低めの枕を用意してあげる

  • 低めの枕を用意してあげる

    出典: www.photo-ac.com

  • 頭をすこしでもあげると、重力で自然と鼻水が流れ、鼻での呼吸がしやすくなるのですから、低めの枕を用意してあげるというのもすごく効果的です。
    低めの枕でも十分に頭に角度をつけることができるようになり、きちんと鼻水は流れますので、あくまでも低めの枕にするということは忘れないようにしてください。

    高いまくらですと、もはや呼吸自体が苦しくなってしまうことがあります。
    それはシンプルに危険ですよね。
    ですから、そうならないように、低めの枕を用意するにしていってください。

    以上、赤ちゃんが鼻づまりでいびきをかいてしまう時の対処法のご紹介でした。
    こうして適切な方法で赤ちゃんの呼吸を守ってあげてください。
赤ちゃんもいびきをかく?鼻づまりが原因の時のいびき対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事