もしかして鼻づまり?赤ちゃんがミルクを飲まなくなったら

もしかして鼻づまり?赤ちゃんがミルクを飲まなくなったら

Thumb?1414295452 muah♪さん

568

赤ちゃんが美味しそうにミルクを飲み干すと、見ている大人も自然と笑顔がこぼれますね。しかし赤ちゃんが数か月間ずっと、順調にミルクを飲んでくれるとは限りません。途中、何らかの原因でミルクを飲みたがらなくなることはよくあります。そこで、赤ちゃんがミルクを飲まなくなる原因について探ってみましょう。

出典: www.flickr.com

  • ミルクを飲まなくなる原因とは

  • ミルクを飲まなくなる原因とは
  • 出典: www.flickr.com

  • まず、よく言われるのが、哺乳瓶の乳首が合わなくなることです。
    赤ちゃんは日々成長していますから、口の大きさや吸う力も変わっていきます。
    そこで乳首のサイズを変更せず、やわらかくなってしまった乳首を使い続けていると、赤ちゃんが急に嫌がるようになるのです。
    月齢によって推奨される乳首は違いますから、常に買い替えを念頭に置くようにしましょう。

    次によく言われるのが、ミルクの味や濃さ、温度が赤ちゃんに合わなくなることです。
    ミルクは説明書通りに作っているか、温度は適温か、などを確認してみましょう。
    ミルクの温度を測る便利グッズも市販されています。
    それでも嫌がる場合は、思い切ってミルクのメーカーを変えてみるのもいいでしょう。
    サンプルが取り寄せられる場合もあります。
  • 忘れられがちな原因、鼻づまり

  • 忘れられがちな原因、鼻づまり

    出典: www.flickr.com

  • そして忘れられがちなのが、鼻が詰まっていて上手にミルクが飲めないことです。
    赤ちゃんの花は小さく、鼻づまりが起こりやすい状態です。
    鼻が詰まったまま哺乳瓶でミルクを飲むことは至難の業です。
    鼻づまりが疑われる場合には、ゆっくりと休み休み飲ませてあげましょう。
    それでも苦しそうな場合は、赤ちゃん用スプーンですくって口の中に入れるという方法もあります。
    また、月齢が進んでいる場合には練習がてらコップ飲みをさせてみるのも一つの手でしょう。
  • 再びミルクをたくさん飲んでもらうには

  • 再びミルクをたくさん飲んでもらうには

    出典: www.flickr.com

  • 赤ちゃんの鼻づまりを解消して、再びミルクをたくさん飲んでもらうにはどうすればよいでしょうか。

    まず、部屋の室温を適温にし、加湿器などで加湿します。
    空気が潤うと鼻の通りもよくなります。
    浴槽にお湯をはり、お風呂に入れてあげてもいいでしょう。
    濡れたガーゼや綿棒でやさしく鼻の中をぬぐうのも有効です。
    または市販のスポイトを使うこともできますし、赤ちゃんの鼻に大人が直接口をつけ吸い取ってしまってもいいでしょう。
    鼻の通りがよくなると、ミルクがぐんと飲みやすくなります。

    赤ちゃんは成長にともない、自分で飲む量を調節するようになるとも言われていますから、ミルクをあまり飲まなくなったからといって神経質になる必要はありません。
    ただし、おしっこや便の回数が極端に減り、ずっと泣きじゃくるなどの状態になったときは、すみやかに小児科を受診しましょう。
もしかして鼻づまり?赤ちゃんがミルクを飲まなくなったら
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事