どうして夜だけ?赤ちゃんの鼻づまりの原因と対処法

どうして夜だけ?赤ちゃんの鼻づまりの原因と対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

2790

赤ちゃんが夜だけ鼻づまりをしていて可哀想…。何とか苦しそうな鼻づまりを治してあげたいですよね。グジュグジュと赤ちゃんが鼻づまりで辛そうにしている場合には、親御さんはどうしてあげればいいのでしょうか。


  • 赤ちゃんが夜だけ鼻づまりになる理由

  • 赤ちゃんが夜だけ鼻づまりになる理由
  • どうして赤ちゃんは、夜だけ鼻づまりがひどくなるのでしょうか?
    それにはこんな理由がありました。

    ◆気温が低くなるため
    季節にもよりますが、夜中になると気温がだんだん下がってきます。冷たい空気に触れると鼻の粘膜が膨張するので、鼻づまりになりやすくなるのです。赤ちゃんの鼻の粘膜はとても敏感ですから、気温の変化にも敏感に反応します。

    ◆自律神経が関係しているため
    昼間は交感神経が優位に働き、鼻水が出づらくなっています。それが夜になり、副交感神経が優位になると血流が良くなりすぎるので、鼻の粘膜が腫れてしまい鼻水が出てくるのです。
  • 赤ちゃんの鼻づまりの治し方

  • 赤ちゃんの鼻づまりの治し方
  • ◆寝るときの頭の位置を少し高くする
    平らな場所に寝かせていると、鼻が通りづらくなります。
    赤ちゃんの頭にタオルなどをしいてあげ、少し頭を高くして寝かせてあげましょう。
    そうすることで鼻水を流れやすくします。

    ◆蒸しタオルを当ててあげる
    濡れたタオルをレンジで一分ほど加熱して、蒸しタオルを作りましょう。
    蒸しタオルを赤ちゃんの鼻の付け根などに当ててあげることで、鼻づまりを緩和します。
    蒸しタオルを使う際は、呼吸を妨げることがないように注意してください。

    ◆加湿器を使用する
    部屋の湿度が低すぎると、鼻の中が乾燥してしまい、鼻づまりを起こしやすくなってしまいます。
    特に冬場は空気が乾燥しがちなので、加湿器などを使い湿度を60パーセント程度に保つようにしましょう。

    ◆綿棒で鼻水を取ってあげる
    赤ちゃんは自分では鼻水を取り除くことができません。
    そんなときは、親御さんが綿棒を使って鼻水を取ってあげましょう。
    大人用の綿棒では太すぎる場合があるので、赤ちゃん用の細い綿棒がおススメです。
  • 苦しそうな鼻づまりにはキチンと対処を

  • 苦しそうな鼻づまりにはキチンと対処を
  • 夜に鼻づまりを起こしてしまうと、よく眠ることができずに赤ちゃんもイライラしてしまいます。
    出てきた鼻水をそのまま放っておくと、炎症を起こして肌が赤く腫れてしまう場合もあるでしょう。
    また、赤ちゃんが鼻づまりのせいで寝付けないと夜泣きも多くなるので、親御さんもなかなか寝付けなくなってしまいます。
    そうなると親御さんも大変です。
    こまめに鼻腔内のケアをしてあげることで、赤ちゃんをゆっくり寝かせてあげてくださいね。

    【関連動画】


    「鍼灸師が教える!赤ちゃんの鼻水を緩和させる方法~」
どうして夜だけ?赤ちゃんの鼻づまりの原因と対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事