赤ちゃんが日焼け止めを誤飲した時の対応

赤ちゃんが日焼け止めを誤飲した時の対応

Thumb?1414295452 muah♪さん

714

赤ちゃんが一人でハイハイを出来るようになると、親としては嬉しい反面、心配事も増えてきます。目を離さないことが一番ですが、そのようなことはなかなか難しいのが現状です。自由な動きを制限することで、本来の成長を制限することにもなりかねません。ですから、親としては出来る限り自由に遊ばせてあげたいと思います。


  • 事故は親が一瞬目を離したすきに起きている

  • 事故は親が一瞬目を離したすきに起きている
  • 赤ちゃんがハイハイ出来る時期に入り一人で移動出来るようになると、ひと時も目を離せなくなります。赤ちゃんが一人でハイハイを出来るようになると、親としては嬉しい反面、心配事も増えてきます。
    乳幼児の多くの事故は親が一瞬目を離したすきに起きています。目を離さないことが一番ですが、そのようなことはなかなか難しいのが現状です。柵の付いたベビーベッドで移動範囲を制限することも可能ですが、それでは子供のストレスも溜まってきます。それに、自由な動きを制限することで、本来の成長を制限することにもなりかねません。ですから、親としては出来る限り自由に遊ばせてあげたいと思います。
  • 日焼け止めを誤飲した場合

  • 日焼け止めを誤飲した場合
  • その場合、赤ちゃんが触れそうな危険なものは出来るだけ高い位置に置くのが普通ですが、うかっりした不注意でおき忘れということがあります。そのようなふとした親の不注意で、危険な物に赤ちゃんが触れたり、誤飲したりすることで事故が起きてしまいます。
    小さな物など、赤ちゃんが何を誤飲したか分からないときは、とにかく病院に行くことが先決です。もし、何を誤飲したかが判明できる場合には、適切な対処が必要になります。
    出かける前に使う、日焼け止めなどはうっかり置き忘れなどがあります。日焼け止めを誤飲した場合には、水や牛乳を飲ませて吐かせる必要があります。上手く水や牛乳を飲ませ吐かせることが出来ない場合には、病院に行く必要があります。飲み込んだものによっては、吐かせると逆に危険な場合がありますので、何を飲み込んだかを正しく把握することが肝心です。このような誤飲事故は日常の物の管理が防止策になります。
  • 危険なものが何かを適切に教えて教育することも必要

  • 危険なものが何かを適切に教えて教育することも必要
  • 使ったら必ず手の届かない場所に戻すといったように、習慣づけすることが事故防止の対策です。
    このことは、ある程度大きくなってからも必要になってきます。言葉を理解し、物事の是非を判断できるようになるまでは気が抜けません。親としては子育てで疲労困憊、危険から子供を守ったり遠ざけたりすることで更に疲れてしまいます。しかし、赤ちゃんの笑顔と成長を見ると、そのような疲れも吹き飛んでしまいます。
    また、成長の過程のなかで危険なものが何かを適切に教えて教育することも必要です。小さな子供でも親が怖い顔をすれば、これは触れるとマズイのかな?と理解していきます。子供は好奇心旺盛ですから、何度叱られても触れようとします。
    しかし、根気良く正しく叱ることで徐々に理解を深めていきます。
赤ちゃんが日焼け止めを誤飲した時の対応
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事