赤ちゃんの日焼け止め対策は何ヶ月から必要

赤ちゃんの日焼け止め対策は何ヶ月から必要

Thumb?1414295452 muah♪さん

372

赤ちゃんのお肌は大人に比べて薄く、紫外線の影響を受けやすいので、赤ちゃんにも日焼け止めの対策をする必要があります。外に出る機会が多くなる3ヶ月以降の外出時には使用し、紫外線からお肌を守りましょう。


  • 外に出る機会が多くなる3ヶ月以降

  • 外に出る機会が多くなる3ヶ月以降
  • 赤ちゃんが生まれてから2〜3ヶ月ほどはお家の中で過ごしますが、それ以降はだんだん外に出る機会が増えます。赤ちゃんのお肌は大人に比べて薄く、紫外線の影響を受けやすいので、赤ちゃんにも日焼け止めの対策をする必要があります。
    何ヶ月から日焼け止めクリームなどを使用して良いのか迷いますが、外に出る機会が多くなる3ヶ月以降の外出時には使用し、紫外線からお肌を守りましょう。赤ちゃんのお肌は大人に比べて非常にデリケートですので、ベビー用のものでもできるだけ刺激の少ないものを選びたいものです。
  • 石鹸で落とせるものが便利

  • 石鹸で落とせるものが便利
  • ベビー用でもSPFは30くらいのものまでありますが、大人と違ってそれほど長時間出かけませんので、SPF10〜20程度でも十分対応できます。お風呂に入った時に石鹸で落とせるものが便利で、お肌にもやさしいです。クレンジング剤が必要なものはお肌の負担になることがありますので、赤ちゃんには避けた方が無難です。刺激の少ないものを選んでも、お肌に合わないことがありますので、使う前に必ずパッチテストをしましょう。目立たない二の腕などに少し塗ってみて、湿疹やかぶれなどがないか時間をおいて確認しましょう。次の日にも何も症状が現れなければ問題ありません。
    日焼け止めを何ヶ月から使用できるかというかというのはあくまでも目安で、個人差があります。皮膚にトラブルがあったり、敏感肌の場合は医師の指示に従いましょう。
  • 帽子やUV対策のベビーウェアなども活用

  • 帽子やUV対策のベビーウェアなども活用

    出典: instagram.com

  • 日焼け止めにはクリームや乳液状のもの、ジェルタイプのものがあります。使用感はそれぞれ異なります。塗りやすさ、保湿力の高さ、べたつかなさなど、お肌に合ったものを選びましょう。塗り方は、適量を手のひらにとって、両手で伸ばし、子供の顔にこすらないようにムラなくつけます。首や腕なども忘れずやさしく塗りましょう。
    日焼け対策はクリームやジェルだけでなく、帽子やUV対策の施されたベビーウェアなどもありますので、合わせて活用しましょう。月齢の低い赤ちゃんには、UV対策用のポンチョが使いやすいかもしれません。抱っこの時はもちろん、ベビーカーでも足元にかければ、強い日差しが足にあたるのを防いでくれます。皮膚がデリケートなだけでなく、体温調節も難しいので大人よりも熱中症になりやすいので、月齢の低い間や、日差しや紫外線の強い時間帯の外出は最低限にしましょう。またお部屋の中でも紫外線は届きますので、窓際などに寝かせたりし、室内でも気をつけましょう。
赤ちゃんの日焼け止め対策は何ヶ月から必要
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事