赤ちゃんにはUVカットのブランケットが必要です

赤ちゃんにはUVカットのブランケットが必要です

Thumb?1414295452 muah♪さん

349

若い女性が紫外線対策のために日傘や日焼け止めクリームを塗るのはもう当たり前になってきました。大人でも紫外線が怖いのですから、子供のうちから日光に当たらないようにすることはとても大切なのです。
日差しが強くなる季節こそ、紫外線から子供や赤ちゃんも守らなくてはいけないのです。


  • 紫外線の怖さ

  • 紫外線の怖さ
  • 若い女性が紫外線対策のために日傘や日焼け止めクリームを塗るのはもう当たり前になってきました。顔や手、腕など日焼け止めクリームを塗らないで外に出てしまうと赤くなるだけでなく、将来においてしみやしわになる原因を作ってしまうのです。
    高齢になってくると顔にしみが出来てしまった人は若い時に紫外線に対して無防備だったと悔やんでも仕方がないのです。
    しかし、紫外線が本当に怖いのはしみやしわだけではないのです。それは、皮膚がんになるという危険性があるのです。大人でも紫外線が怖いのですから、子供のうちから日光に当たらないようにすることはとても大切なのです。
    日差しが強くなる季節こそ、紫外線から子供や赤ちゃんも守らなくてはいけないのです。
  • 子供のうちから対策を

  • 子供のうちから対策を
  • 1998年から、妊娠した時にもらう母子健康手帳に日光浴という言葉がなくなりました。代わりに外気欲という言葉が新しく書かれたのです。赤ちゃんにとっては、日光浴ではなく外気浴、つまり外の風にあたることが新陳代謝になり体によいと分かったのです。
    健康のために日光浴は当たり前と思われていたことが、本当は全くの間違いだったのです。
    紫外線の研究が進めば進むほど、当たってはいけないのは大人よりも子供だったということなのです。日光浴で紫外線を浴び過ぎてしまうと大人よりも、皮膚がんになる危険性が強くなってしまうのです。
    また、子供、特に赤ちゃんのうちは体が発達する段階で細胞分裂も活発に行われます。その時に、紫外線を浴び過ぎてしまうことは免疫系や目の健康にも悪い影響を与えることが分かってきました。
  • UVカットブランケットが有効

  • UVカットブランケットが有効
  • 赤ちゃんを守るためには、UVカットの製品を揃えることが大切です。特に、UVカットのブランケットは必需品となるでしょう。このブランケットは、抱っこ時においても、ベビーカーでお散歩をする時にも一枚でどちらにも使うことができます。
    赤ちゃんだって外に行きたいのですから、このブランケットを使ってどんどんお散歩に行くといいのです。
    ブランケットといっしょにUVカットの帽子を揃えるといいでしょう。普通の生地の帽子だと紫外線を通してしまうのであまりおすすめではありません。
    身に着ける洋服や帽子は、UVカット製品を使うようにしたほうがいいのです。
    大人よりも子供のほうが今までは紫外線を浴び過ぎてきました。これからは、大切な子供たちを守るためにUVカットに努力をし過ぎたほうがいいといえるのです。
    大切な子供の将来を守るために本気でUV対策をすることが大切なので。
赤ちゃんにはUVカットのブランケットが必要です
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事