雨の日にブーツを履くときの注意点

雨の日にブーツを履くときの注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

1149

6月から7月の梅雨の時期だけでなく、ほかの時期でも雨は降るものであり、冬場に関しては雪が降ったりもします。その天候などに合わせて、着るものや履くものなどを工夫して、その時期を乗り越えていくようにします。


  • 天候などに合わせて時期を過ごす

  • 天候などに合わせて時期を過ごす
  • 日本には気候などでも特徴があり、天候が悪かったりする時期などもあるのですが、それもまた趣があり、楽しんで過ごす人もいます。特に6月から7月には地域によって、若干時期がずれるのですが、梅雨の時期があり、じめじめした湿度が高い日々が続きます。しかし、梅雨が明けるとからりと夏の晴天の日々が続くのです。四季がある日本は住みやすく、素敵な国といえましょう。
    梅雨の時期だけでなく、ほかの時期でも雨は降るものであり、冬場に関しては雪が降ったりもします。
    その天候などに合わせて、着るものや履くものなどを工夫して、その時期を乗り越えていくようにします。
  • 雨の日に重要な足元

  • 雨の日に重要な足元

    出典: instagram.com

  • 雨に濡れてしまうと、体が冷えてしまったりして風邪を引いたりして体調を崩しやすくなります。ですから、濡れない工夫をしていくようにします。
    特に足元は重要です。靴がぐちゃっとした状態では、気持ちが悪いですし、末端から冷えてしまいます。冷え性が多い女性では、そこから体調不良になっていったりもするので、注意が必要です。スニーカーや革靴などでも防水加工のためのスプレーをしてみたり、そういった加工が施されたものにしてみたりするといいでしょう。できれば、靴下などでも替え用のものを準備しておくと安心です。濡れた靴ではあとに臭ってきたり、乾きにくかったり、微生物が繁殖したりすることもあります。ですから、なるべく完全に乾燥するまでは使わないようにするといいでしょう。
    最近は、レインブーツなどでもファッション性の高いものも売っていたりするので、雨の日のために一足用意しておくといいでしょう。見た目には普通にブーツに見えながら、長靴らしくないデザインで違和感なく使うこともできるのです。
  • 注意点を踏まえて足元のおしゃれを楽しみましょう

  • 注意点を踏まえて足元のおしゃれを楽しみましょう

    出典: instagram.com

  • 通常のブーツを雨の日に使うときにはどうすればいいのでしょうか。
    合成皮革のものは扱いが簡単であり、浸みにくいので雨の日には向いています。
    しかし、天然皮革のものでは防水スプレーなどを使ったりしたほうがいいでしょう。できれば、天然の革のブーツは雨や雪の日は傷むので避けたほうがいいでしょう。
    このように、雨の日にはいくつかの注意点を踏まえてブーツを履くようにするといいでしょう。
    扱い方によっては、長持ちするものもあります。逆に注意点を守らないでいるとすぐに傷んでしまい、使い物にならなくなったりもするのです。ですから、長く使うことができるように扱っていきましょう。
    雨の日を少しでも快適に過ごすことができるように、まずは足元のおしゃれから気にしましょう。
雨の日にブーツを履くときの注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事