革のブーツを雨の日に履く

革のブーツを雨の日に履く

Thumb?1414295452 muah♪さん

2358

雨の日には革のものを履くことにためらいを感じることがありますが、実はきちんとお手入れさえしていれば、雨の日でも革のブーツを履いても問題ありません。その方法をご紹介します。


  • 雨の日の革靴の悩み

  • 雨の日の革靴の悩み
  • 雨の日にはパンプスではなく、ブーツを履くことが多くなりますが、革のものを履くことにためらいを感じることがあります。それだけでなく、履いてはいけないような気になることすらあります。
    雨の日に革の靴を履き、水がしみて靴の中まで入ってくると、靴下まで濡れてしまって気持ち悪いですし、色が靴下やストッキングに移ってしまうこともあります。そうなると洗濯してもなかなか落ちないことが多く、その靴下やストッキングはゴミ箱行きです。
    色が落ちてしまったブーツは買ったときの輝きをなくしたり、シミになってしまうと見た目が悪くなってしまいます。それだけではなく、乾いた時にはごわごわの手触りになっていたり、形が変形してしまうこともあります。
  • 革靴のお手入れ方法

  • 革靴のお手入れ方法
  • 実はきちんとお手入れさえしていれば、雨の日でも革のブーツを履いても問題ありません。
    まず、履き終えたら柔らかい布で拭いたり、ブラッシングをしたりして汚れを落としておきます。これは雨の日に限ったことではなく、毎回履き終えたらしておきましょう。次に、クリームを塗って油分を補給します。ブーツの表面から水が入ってきたり、色落ちしてしまうというのは、この油分が失われて撥水機能が落ちしまっているからです。その後、防水スプレーをしっかりかけてから出かけましょう。そして履き終えたら汚れと水分をとる、というのを繰り返します。水分が残ったままにしておくと、カビが発生してしまうことがあるのでくれぐれも注意してください。更に乾かす時は風通しの良いところで陰干しにし、シューキーパーを使って形を整えましょう。
    また、部分的に濡れた所はシミになりやすいことがありますが、一旦全体的に水で濡らし、形を整えて乾かすとシミを防ぐことができます。
  • 天候に合ったアイテムで快適に過ごしましょう

  • 天候に合ったアイテムで快適に過ごしましょう

    出典: instagram.com

  • このように普段のお手入れで多少の雨には耐えるようになりますが、更に雨による問題を減らすためには、ブーツ自体の造りを気にかける必要があります。例えば縫い目がそのままになっているものはそこから水が入ってきやすいので、隙間なく接着されているものを選んだり、靴底が革の場合はどうしても水が染みやすいので、ゴムを貼るか、ゴムの底のものを選びましょう。
    しかしながら、耐水性に優れたものを選び、毎日メンテナンスをしていても、土砂降りの中、一日中屋外で過ごすとなると、他の靴がそうであるように、どうしても水が入ってきてしまいます。ですので、やはりあまり雨のひどい日は革のものは履かないほうが無難です。そうでない限り、毎日のお手入れをきちんとして、雨の日でもお気に入りの一足とのお出かけを楽しんでください。
革のブーツを雨の日に履く
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事