雨を24時間監視するレーダー

雨を24時間監視するレーダー

Thumb?1414295452 muah♪さん

475

地球上で生活を営んでいる私達は、様々な事案に対処しなければなりません。近年、ますます頻度が高まっている自然災害による影響や風雨を避けるための対策に万全の用意をしておくべきです。


  • 世界的に異常気象が国際問題となっている

  • 世界的に異常気象が国際問題となっている
  • 起こりうる自然災害は、24時間いつ起きるか全く予想がつきません。
    人間の生活習慣に合わせてくれない自然の恐ろしさを心に留めておくべきです。
    頻度が高くなってきており、近いうちに大きな影響をもたらす自然災害が起こり得る可能性が年々増しているものの、日常的に降り注ぐ雨に比べると脅威と影響は少し弱いと言えます。
    近頃、世界的に異常気象が国際問題として扱われています。
    雪が降らない国で大雪となり、社会生活が混乱してしまったり除雪用具も無いため立ち尽くすしか無いという状態にも陥っています。
  • 日本の異常気象、ゲリラ豪雨

  • 日本の異常気象、ゲリラ豪雨
  • 日本では、数年前から1日のうち数分間だけ猛烈な降雨が記録される減少が頻発してきています。
    まるで、温暖な気候の国で起こるスコールと通ずる減少に、地球の環境の変化を感じます。
    1日のうちのたった数分間の降雨と油断してはいけません。
    数分間の記録的で猛烈な降雨は、その地域の数カ月分の降水量を記録することもあります。
    記録的短時間大雨情報という以前では聞きなれない言葉もテレビや新聞、インターネットのニュースサイトで見かけるようになり、すっかり市民権を得た専門用語として有名になりました。
    数分間の降り注いだだけでも、重大な影響をもたらしますが、都心部と自然豊かな環境では影響が異なりますが、どちらにとっても命にかかわる重大な影響力があります。
    まず、都心部では数分間猛烈に降り注いだ結果、水の行き場が無くなり道路上などに溢れてしまいます。
    通常の水を処理するための排水管などが道路上に設置されているにも関わらず、全く効果が無いという状態です。
    そして、自然豊か土地では山の斜面が水を吸い込みきれなくなり土砂崩れとなって山間部の集落に襲いかかります。
    水を含んだ土砂は、重く凄まじい速度で滑り落ちるので逃げることは困難です。
  • 自然災害から身を守るための技術

  • 自然災害から身を守るための技術
  • そういった自然災害から身を守るために、レーダーの改良が進められています。
    これまでも雲を監視するレーダーというのはありましたが、定期的に撮影して地球に送信するといったものでした。
    しかし、技術進化に伴い24時間の雲の動きを常時監視し続けることが可能になったのです。
    24時間の雲の様子をレーダーで監視するわけですから、レーダーだけではなく地上で受信するコンピューターも進化を遂げたことになります。
雨を24時間監視するレーダー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事