世界の雨雲を監視するレーダー

世界の雨雲を監視するレーダー

Thumb?1414295452 muah♪さん

889

日本で生活する私たちにとって、最も身近な異常気象といえばゲリラ豪雨です。都心部独特の立体的な街づくりが短時間に猛烈な降水量を及ぼす自然災害の前では欠点となっています。


  • 度々ニュースでも取り上げるゲリラ豪雨

  • 度々ニュースでも取り上げるゲリラ豪雨
  • 近年、日本では毎年のように雨や風による重大な被害をもたらす自然災害が起こっています。
    日本で生活する私たちにとって、最も身近な異常気象といえばゲリラ豪雨です。
    少し前までは聞き慣れなかった言葉ですが、テレビやラジオ、新聞やインターネットのニュースサイトで頻繁に使用されるようになってからは、すっかり馴染みのある言葉になりました。
    数分間にその地域の数カ月分もの降水量を記録することもある異常気象ですが、すぐ隣の地域では晴天になっているなど極めて狭い範囲でのみ起こっている現象という点がさらに地球環境の変化を表しています。
    都心部では、突発的に降り注いだ雨が処理能力を超えてしまった排水溝などから逆流して道路に溢れ出るといった場面も見かけることがありますし、度々ニュースでも取り上げられています。
  • 都心部独特のつくりはゲリラ豪雨に弱い

  • 都心部独特のつくりはゲリラ豪雨に弱い
  • 設置されている排水溝は、通常の雨を処理できる量からさらに余裕を持って設計されているのも関わらず溢れて出てしまうという点から、いかに稀な現象かがわかります。
    都心部独自の立体的な街づくりも、この異常気象の前では命の危険を感じてしまうことになってしまっています。
    都心部では、限られた土地の中で他の地域よりも何倍も多い人口を生活させなければいけません。
    そのため、道路を掘ってその上を線路や別の道路を横切らせるなど立体的な街づくりがスペースを有効活用する上で重要なポイントなのです。
    この都心部独特の立体的な街づくりが短時間に猛烈な降水量を及ぼす自然災害の前では欠点なのです。
    猛烈な降雨を記録する度に、アンダーパスなどに水が溜まってしまい侵入した車が立ち往生してしまうのです。
  • 技術進化に伴いレーダーの性能は進化

  • 技術進化に伴いレーダーの性能は進化
  • 当然、アンダーパスにも通常の降雨では全く問題ないほどの水を処理できるほどの能力を備えた排水溝を設置しているのにも関わらず、こういった事態に陥ってしまうのです。
    こうした命の危機すら感じる自然災害は、世界各国で起きています。
    雪が降ることのない地方で降雪があったり、雲の通り道で曇っていることが多い地方で連日晴れ渡り畑などが乾いてしまい作物が収穫できないといったことが問題となっています。
    こうした事態に伴い、世界の雲の動きを監視するレーダーの進化が続いています。
    以前から、世界の雲を監視するレーダーというのは存在しましたが、今日の技術進化に伴いレーダーの性能が格段に良くなっています。
    そのため、世界のどこに居ても訪問先の詳細な天気予報が知ることが出来るようになったのです。
世界の雨雲を監視するレーダー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事