雨の量を正確に予測できる気象庁のレーダー

雨の量を正確に予測できる気象庁のレーダー

Thumb?1414295452 muah♪さん

431

気象庁では全国各地に観測のための設備を整えて、レーダーによる予測を行っています。気象庁のレーダー観測は、一般家庭や公共施設などで幅広く活用されています。


  • レーダーによる正確な予測

  • レーダーによる正確な予測
  • 気象庁では全国各地に観測のための設備を整えて、レーダーによる予測を行っています。
    回転するアンテナからマイクロ波を発射することで、雲の中に隠れている細かな雨粒や雪の粒を捉えて観測する仕組みとなります。
    途中に障害物となる山地などがあると具合が悪いですから、なるべくは高い場所にアンテナを設置する必要があります。
    日本は山岳が多い地形となりますから、観測をするためには多くの苦労がともないます。
    長年にわたって蓄積されている技術を活用しながら、正確な予測をするための努力が常に行われています。
  • 降水量の把握が迅速に行える

  • 降水量の把握が迅速に行える

    出典: instagram.com

  • 気象庁のレーダー予測では、5分ごとに降水の強度を分布別に観測することができます。
    60分先までの降水予測も行えるため、洪水などの災害を予防するために役立ちます。
    1時間ごとの雨量はミリ単位で分かるようになっていて、自分が住んでいる地域の降水量も簡単に把握できる仕組みとなっています。
    降水量の把握が迅速に行えることで、河川の水量の増加に素早く対応できることも大きなメリットです。
    突然の豪雨が発生したときには昔であれば降った量が正確には分からないものでしたが、現在では1時間に100ミリを超すような豪雨も正確に観測できます。

    気象庁のホームページを利用すれば、誰でもレーダー観測のデータを参照できます。
    降水量の分布は色別で分けられていて、特に強く降っている場所は赤い色となります。
    降水がわずかな場所は薄い青色で表示されていますから、子供でも理解しやすくなっています。
    レーダー観測は完璧というわけではありませんから、表示が透けている地域でもわずかな降水があることも珍しくありません。
    相当な降水量であれば観測しやすくなりますが、微細な水滴の場合には観測が難しくなることもあります。
    観測の精度は向上していますが、苦手とする部分があるのも事実です。
  • 今や生活に欠かせない気象庁のレーダー観測

  • 今や生活に欠かせない気象庁のレーダー観測

    出典: instagram.com

  • 気象庁のレーダー観測は、一般家庭や公共施設などで幅広く活用されています。
    スポーツ大会などの催しを野外で行う場合には、1時間先の降水予測が重要になります。
    花火大会を行う場合においても、雨雲の予測を参考にして開催の可否を決定することがあります。
    一般の家庭では洗濯物を外に干すときに特に役立つもので、主婦にとっても必見の情報です。
    多くの人は気象庁の雨予測を参考にして、傘を持っていくかどうかの判断をします。
    降水確率が低い場合であっても、激しい夕立ちであれば相当な降水量となるために、少しでも降水の可能性がある日には傘を持参したほうが安心できます。
雨の量を正確に予測できる気象庁のレーダー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事