雨の日の子どもの靴は防水機能の付いたものを

雨の日の子どもの靴は防水機能の付いたものを

Thumb?1414295452 muah♪さん

331

子どもは雨の日になるとはしゃいでしまうもの。予想外の雨というだけでも困りものなのに、子どもが靴を水浸しにして返ってきた時には思わず頭を抱えてしまいます。


  • 雨の日の子どもはやりたい放題

  • 雨の日の子どもはやりたい放題
  • 子どもは雨の日になるとはしゃぐ傾向にあります。特に男の子にその傾向が顕著に表れ、学校の休み時間だろうと登下校の最中だろうとお構いなしです。
    流石に大雨になると大人しく建物の中に入るのですが、小雨程度から少し強くなってきたと感じる程度の雨の場合、普段と違う環境ということが嬉しいのか、水が上から降って来るのが楽しくて仕方がないのか、わざわざ水たまりの中に飛び込んでみたり、水たまりを蹴って友達にかけて遊んだりと、とにかくやんちゃをして仕方がありません。
    そうなってくると、親にとっては服もそうですが靴のよごれも心配になってしまいます。
  • 汚れて帰ってきた子どもにあぜんとすることも

  • 汚れて帰ってきた子どもにあぜんとすることも

    出典: instagram.com

  • 余りにも濡れすぎたり汚れすぎたりすると洗って乾かさなければならないのですが、一朝一夕で乾くようなものでもありません。長時間ドライヤーで乾かすのも骨が折れる作業ですし、そんなことをしていては他の家事が疎かになってしまいます。
    かといって、靴は服のように沢山の替えがあるわけではないので連日水浸しにされてしまってはどうしようもありません。
    普通は余分にあったとしても1足か多くても2足程度です。
    特に育ちざかりの子どもの事ですから、すぐにサイズが合わなくなってしまう為、余分に持っていてもすぐに駄目になってしまうからです。
    雨の日だと始めからわかっていれば長靴を履かせるのですが、急に降ってきた場合などはそういうわけにもいきません。
    予想外の雨というだけでも困りものなのに、子どもが靴を水浸しにして返ってきた時には思わず頭を抱えてしまいます。
  • 高性能な防水機能付のキッズシューズ

  • 高性能な防水機能付のキッズシューズ
  • そんな親の気持ちを汲み取った結果なのかどうかはわかりませんが、最近は性能も格段に上がり、結果として高性能な防水機能が備わっているキッズシューズが販売されています。
    勿論、デザインもそれとわからないような恰好良いものが多く、水深4,5センチ位まで耐えられるようになっており、小雨の中の体育などでも問題なくこなせますし、そのまま下校する際中で水遊びをしたとしても水が靴の中まで染み込んでくるということもありません。
    性能が良くなったといってもそのまま価格が高くなるというわけでもなく、標準的な値段で販売されているので手を出しやすいので、普段から晴れ用と雨用とで分けず、毎日防水のシューズを履かせていてもいいかもしれません。
    雨の日というのは洗濯ものが乾かなかったり出かける時には傘が必要になったりと、親にとっては億劫な気分になりがちですが子どもにとっては逆に楽しいものです。
    そのことを念頭においた対応を取ることを忘れないようにしましょう。
雨の日の子どもの靴は防水機能の付いたものを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事