雨の日に花粉症がひどい状態になる人について

雨の日に花粉症がひどい状態になる人について

Thumb?1414295452 muah♪さん

310

一般的には花粉症の症状に悩んでいる人にとって、雨の日というのは恵みの日であると言えるでしょう。しかしそれとは逆に、雨の日に症状がとてもひどい状態になってしまう人も一定数いることもまた事実です。その対処法としては、何といっても抗ヒスタミン剤を飲むことです。薬を飲む以外に雨の日のひどい症状を抑える方法にはどのようなものがあるのでしょうか。


  • 雨の日というのは恵みの日

  • 雨の日というのは恵みの日
  • 一般的には花粉症の症状に悩んでいる人にとって、雨の日というのは恵みの日であると言えるでしょう。何故ならば通常は雨の日は花粉が飛びにくくなるから、普段の晴れている時よりも症状は軽減されるだろうと考えている人が多いからなんですね。しかしそれとは逆に、雨の日に症状がとてもひどい状態になってしまう人も一定数いることもまた事実です。それではどうして雨の日に花粉症の症状がひどい状態になってしまうのでしょうか。また、効果的に症状を抑える為にはどのようにしたらいいのでしょうか。
  • 薬を飲む以外に雨の日のひどい症状を抑える方法

  • 薬を飲む以外に雨の日のひどい症状を抑える方法
  • まず雨が降ると気圧が下がってくるというのは有名な話ですよね。そして気圧が下がることによって、身体の中にあるヒスタミンという物質が増えます。そしてヒスタミンが増えることによってアレルギー反応が強くなってしまうということが理由の一つとして考えられるのです。そのような原因が考えられる場合の対処法としては、何といっても抗ヒスタミン剤を飲むことです。しかし抗ヒスタミン剤は飲むと非常に眠くなってしまう薬として有名です。なので運転する予定のある人や、仕事や会議等の重要な予定がある人の場合は、なるべくなら飲まない方が良いでしょう。
    薬を飲む以外に雨の日のひどい症状を抑える方法にはどのようなものがあるのでしょうか。効果的な方法の一つにマスクを着用するというものがあります。もちろんマスクは本来は予防としての効果を期待するものですが、症状がひどい時にマスクをすることによって、悪化を防ぐ効果も期待できます。何故ならマスクをすることによって、花粉を吸い込むことを防止することができるからです。
  • 雨の日に症状がひどくなってしまう場合

  • 雨の日に症状がひどくなってしまう場合
  • それから雨の日に症状がひどくなってしまうという人の場合、思い切って雨が激しく降っている間は外出しないという方法もお勧めです。もちろん学校や仕事等にどうしても行かなければいけない時は仕方がありませんが、なるべくなら不必要な外出は避けるべきでしょう。雨が降っている時は花粉があんまり飛んでいないだろうからと考えて、ここぞとばかりに外出をしたがる人もいます。しかしそれは大きな間違いであると言えます。雨が降っている時であろうが飛んでいます。全くゼロということはないのです。それに雨が降っている時は雨と同時に風が吹いている場合もあり、風によって舞い上がってくる可能性も考えられます。なのでむしろ晴れの時以上に症状が重くなってしまうことだってあるのです。なので外出の際には十分に注意する必要があります。
雨の日に花粉症がひどい状態になる人について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事