雨の日に花粉が舞い上がりくしゃみが出てしまう人

雨の日に花粉が舞い上がりくしゃみが出てしまう人

Thumb?1414295452 muah♪さん

320

花粉症の症状で悩んでいる人にとっては、雨の日も油断できないものなのです。症状の中でも最もつらく、最もよく見られているものの一つにくしゃみがあります。やはり他人が大勢いる環境ではあまりにもハクションハクションばかりやっていると、周りから白い目で見られてしまいます。自分自身がしっかりとマナーを守ってエチケットを大切にし、他の人に対する気遣いを忘れないようにすることが大切です。


  • 雨の日も油断できない花粉症

  • 雨の日も油断できない花粉症
  • 花粉症の症状で悩んでいる人にとっては、雨の日も油断できないものなのです。何故なら雨の日は強風が吹き荒れていることも多く、花粉が沢山舞い上がって飛んでくることが多いからです。症状の中でも最もつらく、最もよく見られているものの一つにくしゃみがあります。雨の日はじめじめしていてただでさえうっとうしいというのに、くしゃみまでもが止まらなくなってしまったらそれこそ発狂しそうになってしまうそうになります。どのようにしてこれらの不快な症状と付き合っていけばいいのでしょうか。
  • 雨の日のドライブ

  • 雨の日のドライブ
  • まず雨の日はドライブ等に行くことが多いので、車の中にいる時間が自然と長くなっていきます。自分が運転手の場合、ハクションばかりしていると、同乗者に余計な心配をかけてしまいます。なので出発する前に薬を飲んで症状が出るのを抑えることができる場合はそうしましょう。もちろん薬の中には眠くなってしまう副作用があるものもありますので、できるだけ眠くならない薬を購入して服用するように気をつけましょう。それから自分が運転手ではない場合も、なるべく車の中でくしゃみばかりしないように極力抑えることが必要です。何故なら車の中というのは狭い空間ですから、唾が他の人に飛び散ってしまって不快な思いをさせてしまう危険があるからです。どうしても出てしまう時は仕方がありませんが、その場合でもちゃんと口を押さえて唾が飛ばないように気をつけながらするのはもちろん、必要な場合は車の窓を開けてからするようにしましょう。
  • 室内での予防でマナーを守る

  • 室内での予防でマナーを守る
  • それから車の中に限らず、雨の日というのは室内の狭い空間の中で過ごすことが多いものです。狭い室内の空間の中では悪い空気はすぐに留まってしまいますので、なるべくそこでもくしゃみで唾等を撒き散らさないようにすることが大切です。その際に有効となってくる予防手段として、マスクをつけることが挙げられます。なので花粉症の症状に苦しんでいる人は、晴れの日ももちろんですが、雨の日は特にマスクを忘れないように注意することが必要です。
    それから必要に応じてこまめに鼻をかむのも有効なくしゃみ防止の為の手段です。自宅で一人で過ごしている時は別に問題がないのですが、やはり他人が大勢いる環境ではあまりにもハクションハクションばかりやっていると、周りから白い目で見られてしまいます。自分自身がしっかりとマナーを守ってエチケットを大切にし、他の人に対する気遣いを忘れないようにすることが大切です。
雨の日に花粉が舞い上がりくしゃみが出てしまう人
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事