雨の日の花粉対策にマスクは必要か

雨の日の花粉対策にマスクは必要か

Thumb?1414295452 muah♪さん

355

花粉症で辛い時期を過ごしている人にとって、その日の飛散量がどれくらいあるのかという情報は必須ですよね。世間でもいろいろな対策方法が紹介されている花粉症ですが、飛散量を気にしつつも時期が終わるまでは油断をせずに、常に万全の対策をしていくといいでしょう。実際に雨の日には、アレルギー症状が楽になるのでしょうか。


  • 雨の日にはアレルギー症状が楽になるのか

  • 雨の日にはアレルギー症状が楽になるのか
  • 花粉症で辛い時期を過ごしている人にとって、その日の飛散量がどれくらいあるのかという情報は必須ですよね。朝から天気予報をみて、その日の対策を考える人はたくさんいるのではないでしょうか。よく雨の日は、あまり飛ばないから楽だという情報を耳にしますよね。そんなことを聞いたら、雨が降ると嬉しく思いますよね。実際に雨の日には、アレルギー症状が楽になるのでしょうか。
    雨が降ると、空中に舞う花粉が減るので症状が軽くなる人が多くいるのは事実です。マスクをしないで出掛ける人も多くいるでしょう。しかし、全く飛んでない訳ではないのです。雨が降っていない地域から飛んでくることもありますし、たくさんの人が集まる駅や電車などは、人が花粉を運んでくる可能性があるので油断は出来ません。症状が和らいだからといって油断していると、アレルギー症状はいつ悪化してしまうかわかりません。
  • 雨の日にマスクは必要か

  • 雨の日にマスクは必要か
  • 実は、雨の日にアレルギー症状が悪化し辛くなってしまう人が結構いるのです。なぜかというと、雨で気圧が下がることによって、体内のヒスタミンが増加し、副交感神経が優位になります。これらが原因で、アレルギー症状が悪化してしまい、飛散量が少なくても辛い症状に悩まされてしまうのです。気圧の変化によるアレルギー症状は、さすがにマスクで予防することは出来ませんが、雨で湿度が上がるとカビやハウスダストの発生によりアレルギー反応を起こす場合も考えられます。そういったことを踏まえますと、やはりアレルギーに敏感になっている時期こそマスクは常備して対策をした方がいいのではないでしょうか。
    さらに、雨の日の翌日はさらに注意が必要です。花粉は、水を含むと破裂して細かく分裂し、本来の大きさの100分の1以下になってしまうこともあるようです。本来の大きさであれば、マスクでも十分防げるのですが、小さく分裂してしまうとマスクをすり抜け、体内に侵入してしまうのです。ですから、雨が降った翌日は、洗濯物を外に干したい人がたくさんいると思いますが、雨の次の日こそ室内干しをおすすめします。
  • 時期が終わるまでは常に万全の対策を

  • 時期が終わるまでは常に万全の対策を
  • 世間でもいろいろな対策方法が紹介されている花粉症ですが、飛散量を気にしつつも時期が終わるまでは油断をせずに、常に万全の対策をしていくといいでしょう。反応してしまうアレルギー症状の悪化を防ぐためにも、部屋の掃除を怠らずに清潔を保つようにしていきましょう。それが、少しでも快適に過ごす秘訣になってくるでしょう。
雨の日の花粉対策にマスクは必要か
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事