雨の日でも花粉症のメカニズムは起こる

雨の日でも花粉症のメカニズムは起こる

Thumb?1414295452 muah♪さん

344

一度なってしまうと辛い花粉症が、アレルギー反応のひとつであることは周知の通りです。雨の日で花粉が少ないからといって、アレルギー症状が和らいだり出ないということは限らないのです。雨の日で飛散量が少ないからと、花粉症の対策を怠らないようにし、マスク・目薬・うがいをきちんと行い体内に侵入させないように気をつけていきましょう。


  • 一度なってしまうと辛い花粉症

  • 一度なってしまうと辛い花粉症
  • 一度なってしまうと辛い花粉症が、アレルギー反応のひとつであることは周知の通りです。実はこのアレルギーのメカニズムは、健康な体を保つためには欠かせない免疫と、体内での仕組みは同じになっているのです。人の体には、体の外から進入してくる異物に対して、その物質に対抗する抗体を作って体を守ろうとするのだが、抗体が一定量になった時、同じ物質が進入してくると、その物質と抗体がくっついて違った反応を示すようになるのです。その反応が、花粉症の症状につながっているのです。
  • 雨の日のアレルギーのメカニズム

  • 雨の日のアレルギーのメカニズム
  • では、雨の日は飛散量が少ないのにどうしてアレルギーのメカニズムが起こってしまうのでしょうか。雨が降ると気圧が下がり、湿度があがりますよね。雨の日になると、頭痛がしたり体調不良に悩まされている人がいると聞いたことはありませんか。なぜそのような症状が出る人がいるのかというと、気圧が下がったり湿度が高くジメジメしていると、自律神経が乱れてしまう可能性が高くなってしまうからなのです。実は、自律神経が乱れるとアレルギー症状の悪化にもつながってしまうのです。ですから、雨の日で花粉が少ないからといって、アレルギー症状が和らいだり出ないということは限らないのです。もちろん、アレルギー症状が和らぐ人もいますので、雨が降ると嬉しい人もいるはずです。
  • 普段から規則正しい食生活を心掛ける

  • 普段から規則正しい食生活を心掛ける
  • 次に、雨の日は本当に花粉はあまり飛んでいないのでしょうか。実際は、雨で地面に流れてしまうので、空中を舞っていないというだけで全く飛んでいないという訳ではありません。雨が降っていない地域から飛んでくることもありますし、駅に行ったり電車に乗れば体につけてくるひとがたくさんいるので、室内では飛散量は多いかもしれません。そのように考えると、雨の日だからといってマスクをしなかったり、目薬や薬を怠ってしまうと、自律神経の乱れも関係しアレルギー症状が悪化してしまう恐れがあるのです。天候によって変化をしてしまう自律神経の乱れは、自然現象だからと諦めてしまうのはもったいないです。睡眠時間を十分に確保したり、普段から規則正しい食生活を心掛けるだけでも、自律神経を整えることが出来ます。あとは、雨の日で飛散量が少ないからと、花粉症の対策を怠らないようにし、マスク・目薬・うがいをきちんと行い体内に侵入させないように気をつけていきましょう。少しでも出来ることは見直すようにして、辛いアレルギー症状が出ないように努めることが大切です。
雨の日でも花粉症のメカニズムは起こる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事