雨の日の花粉症の対策について

雨の日の花粉症の対策について

Thumb?1414295452 muah♪さん

420

雨の日は、症状が少なくなると思われがちですが、ふり始めなどは空中に飛んでいた花粉が雨とともに地面に落ちてくるため、風がある時などは一緒に舞うことがあるのでさらに注意が必要となります。雨だからと言って、対策を怠らずに雨の日でも症状は出るのだと考え、抑えることを考えることが大切です。


  • 雨の日は、花粉症の症状が軽くなると思われがち

  • 雨の日は、花粉症の症状が軽くなると思われがち
  • 雨の日は、花粉が飛散しにくくなるため花粉症の症状が軽くなると思われがちですが、そうとも言えないのです。
    花粉症とは、アレルギーに分類される疾患の一つで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触して引き起こされ、くしゃみや鼻水、鼻づまりに目のかゆみなどの特徴的な症状を引き起こします。
    しかし、吸い込んだとたんアレルギー反応が出ることはなく、吸い込んで体内に入ったり鼻や目などの粘膜に接触することによって様々な化学反応を起こした後に症状は現れるのです。これは、アレルギー反応に閾値というものがあり、境目の値になることによって症状が現れます。人によってこの閾値は異なるため、数時間後や遅発性する人では次の日に症状が現れると言うこともあるのです。
  • 雨の日のアレルギー症状

  • 雨の日のアレルギー症状
  • 雨の日は、症状が少なくなると思われがちですが、ふり始めなどは空中に飛んでいた花粉が雨とともに地面に落ちてくるため、風がある時などは一緒に舞うことがあるのでさらに注意が必要となります。
    雨が乾くことによって、地上に落ちて来たものがまた飛び始め、いつもよりも量が増えてしまい、症状が酷くなる原意にもなっています。
    また、雨の日には気圧が下がるため、かゆみや痛みなどの原因となり、アレルギー症状の原因となるヒスタミンが体内で増えてしまい、身体的にもアレルギー症状が出やすい状態になっているのです。
    雨だからと言って、対策を怠らずに雨の日でも症状は出るのだと考え、抑えることを考えることが大切です。
  • 花粉症の具体的な対策

  • 花粉症の具体的な対策
  • 具体的な対策としては、アレルギーを診察している病院へ行くほか、自分でできるものとしては室内に持ち込まない、ウールなどつきやすい素材の服は着ない、つばの広い帽子などをを活用すると顔や髪につきにくくなります。
    雨の日でもマスクや眼鏡をして行くなどの対策を行うことができます。
    内側からのケアになる食材としては、アレルギー症状を起こす抗体を減らすカテキンを含んだレンコン、アレルゲンタンパクを別物質に変えるワサビ、抗アレルギー作用やアレルギーの原因物質を抑える作用のあるシソ、ポリフェノールの一種であるケルセチンを含むタマネギ、原因の活動を抑制する作用のあるヨーグルトなどを摂取すると良いとされています。
    また、悪化させてしまう食材もあり、ヒスタミンを多く含むトマト、トランス脂肪酸を含むファーストフードなどは免疫機能を低下さえてしまいます。そのほかアセトアルデヒドを含むアルコール類、粘液を分泌を促す成分が含まれる砂糖などに注意が必要です。
雨の日の花粉症の対策について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事