雨の日は本当に花粉が飛ばないのか

雨の日は本当に花粉が飛ばないのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

337

花粉症に悩まされている人にとって、その日によってどれくらい飛散量があるのかとても気になりますよね。本当に雨の日は、飛散量が少ないのでしょうか。対策グッズや薬も様々な種類がありますので、自分に合ったものを選んでください。


  • 雨の日の花粉の量

  • 雨の日の花粉の量
  • 花粉症に悩まされている人にとって、その日によってどれくらい飛散量があるのかとても気になりますよね。毎朝、天気予報でチェックして対策をしていく人も多いのではないでしょうか。よく耳にするのが、雨の日はあまり飛ばないので症状が楽になるという情報です。天気予報でも、雨の日は比較的に飛散量は少ないと伝えていますよね。でも、雨が降っていてもくしゃみが出たり目がかゆくなることってありませんか。本当に雨の日は、飛散量が少ないのでしょうか。
  • 雨が降っていない地域から飛んでくることもある

  • 雨が降っていない地域から飛んでくることもある
  • 雨が降ると、空気中に飛んでいる花粉が雨によって地面に落ちるので、目や鼻などの体内への侵入口から遠ざけていることは確かです。しかし、地面に落ちただけで消えてしまったわけではありません。雨が降っていない地域から飛んでくることもありますし、駅や電車には衣服に花粉を付けた人が集まる可能性があるので、敏感な人はアレルギー反応を起こしてしまいます。雨が降ると、外では空気中に飛ばないだけで、アレルギー症状が出てしまう場面はいくらでもあるということなのです。雨だからといって油断してマスクをしないでいると、急にくしゃみが止まらなくなったり症状が悪化してしまうかもしれませんので、気を付けていきたいですね。
  • アレルギー症状が悪化しないよう努める

  • アレルギー症状が悪化しないよう努める

    出典: instagram.com

  • もうひとつアレルギーを持つ人は知っておいてほしいことがあります。雨の日は気圧が下がると天気予報で聞いたことはありませんか。気圧が下がると、体内でヒスタミンという物質が増加します。ヒスタミンが増加してしまうと、アレルギー症状が強まると考えられています。さらに、気圧が下がると副交感神経が優位になる為、アレルギー症状が活発になるそうです。それが原因で、雨の日に喘息がひどくなってしまう人がいるのです。もしかしたら、すべてが花粉のせいだけではないかもしれませんので、症状が辛く悪化してしまった時には、様々な原因を考えてみましょう。雨は湿度も上がりますので、カビやハウスダストにも十分注意し、日頃から部屋の掃除は怠らずに少しでもアレルギー症状が悪化しないよう努めましょう。
  • 雨が降った翌日も注意

  • 雨が降った翌日も注意
  • 最後に、雨が降った翌日も注意してほしいことがあります。花粉は雨を含むと破裂し、小さく分裂します。本来の大きさよりも100分の1以下になってしまうこともあるそうです。小さくなってしまうと、マスクをすり抜けて体内に侵入してしまいますので、マスク以外にも対策を考えていくべきでしょう。対策グッズや薬も様々な種類がありますので、自分に合ったものを選んでください。
雨の日は本当に花粉が飛ばないのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事