雨の日に花粉症が辛いのはなぜ

雨の日に花粉症が辛いのはなぜ

Thumb?1414295452 muah♪さん

346

雨が降ると、花粉があまり飛ばないという情報を聞いたことはありませんか。そして、雨の日は気圧が下がるのを知っていますか。花粉は吸い込んだ途端に反応が出ると思っている人も、たくさんいるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。花粉症に悩まされている方は、その日の飛散量にとらわれずにアレルギー症状が悪化しないように事前の対策や、基本的なマスク・目薬・うがいなどを徹底して行っていくことが大切です。


  • 花粉の飛散量は日によって違う

  • 花粉の飛散量は日によって違う
  • 花粉症で苦しんでいる人にとって、日によってその日にどれくらい飛散されるのかがとても気になりますよね。天気予報を見て、どれくらい注意すればいいのかを考える人もたくさんいるのではないでしょうか。
  • 雨の日でも花粉はまったく飛ばない訳ではない

  • 雨の日でも花粉はまったく飛ばない訳ではない
  • 雨が降ると、花粉があまり飛ばないという情報を聞いたことはありませんか。雨で空中に飛んでいるものが地面まで落ちてしまい、流れてしまうイメージもありますよね。実は、雨の日でもまったく飛ばない訳ではないのです。花粉は、雨の降っていない地域からも飛んできたりするので、少量だとしてもアレルギー症状を感じる人がいるのです。油断をしてマスクや目薬を怠ってしまうと、たちまちくしゃみが出たり目がかゆくなってしまったり辛い症状が出る場合があるのです。
    そして、雨の日は気圧が下がるのを知っていますか。気圧が下がると、体内のヒスタミンが増えてしまい、アレルギー反応が強まってしまう可能性があるのです。さらに、気圧が下がることによって、副交感神経は優位に立ちやすくなります。副交感神経が優位になってしまうと、アレルギー症状が活発になってしまうといわれているので、それが原因となっている可能性も考えられます。喘息の人が、雨の日に悪化してしまうのも副交感神経の状態に関係があるといわれています。
  • アレルギー反応には遅発性の人がいる

  • アレルギー反応には遅発性の人がいる
  • 花粉は吸い込んだ途端に反応が出ると思っている人も、たくさんいるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。目や鼻から吸い込んだ後に、様々な化学反応を起こします。その後、目がかゆくなったり鼻水が止まらなくなってしまったりと、辛い症状が出始めるのです。これは、アレルギー反応に閾値というものがあり遅発性の人がいる為といわれています。雨の日の前日に、天気がよくてたくさん飛んでいたとします。大量に吸い込んだ為、遅発性により次の日にアレルギー症状がとても辛いと感じる人もいると考えられます。
    このようなことを考えていくと、雨の日で飛散量が少ないからといってアレルギー症状が必ずしも楽になるという訳ではないことがわかるでしょう。特に、ヒスタミンの増加と副交感神経の優位による症状悪化は、雨の日ほど注意が必要なようですね。花粉症に悩まされている方は、その日の飛散量にとらわれずにアレルギー症状が悪化しないように事前の対策や、基本的なマスク・目薬・うがいなどを徹底して行っていくことが大切です。外出から帰宅した際には、体中をはらって家の中に持ち込まないように気を付けましょう。
雨の日に花粉症が辛いのはなぜ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事