雨の日で濡れた革靴の乾かし方

雨の日で濡れた革靴の乾かし方

Thumb?1414295452 muah♪さん

557

革靴とは、動物の皮をなめして革にし、靴に形成した物になります。さまざまな種類のものがありますが、革靴だけではなく皮革製品全般は手入れを怠ると劣化してしまいます。定期的なメンテナンスや、雨の日に濡れた時などしっかり手入れすることにより、10年以上使い続けることができるようになります。


  • 雨に濡れた時などはしっかり手入れ

  • 雨に濡れた時などはしっかり手入れ
  • 革靴とは、動物の皮をなめして革にし、靴に形成した物になります。原材料は主に、牛や馬、カンガルーに豚、ヤギなどの皮をなめして作られています。
    主にビジネスシューズなどとして使われており、どんなフォーマルな場面にも対応できるストレートチップ、フォーマルでもカジュアルにも使えるプレーントゥ、ストラップで革靴を固定するモンクストラップ、ストラップが二つあり細見のデザインで誰が履いてもお洒落に見えるダブルモンク、U字にアッパーの革が縫い付けられているユーチップ、ローファーやブーツなどがあります。
    さまざまな種類のものがありますが、革靴だけではなく皮革製品全般は手入れを怠ると劣化してしまいます。そのため、定期的なメンテナンスや、雨の日に濡れた時などしっかり手入れすることにより、10年以上使い続けることができるようになります。
  • きちんとした乾かし方

  • きちんとした乾かし方
  • 雨の日や急な雨など、靴を濡らしてしまう機会は多々あります。濡れたままにして放っておくと劣化してしまうため、きちんとした乾かし方をすることで革靴を長持ちさせることができるのです。
    乾かし方としては、濡れてしまった革靴は、通気を良くして早めに乾かすことが肝心です。ただし、ドライヤーなどの温風に当ててしまうとひび割れの原因となってしまうので、自然な風で陰干しすることが鉄則となります。
    なるべく湿気の少ない高いところで、壁などにも凭れかけるようにソールを浮かせて通気をよくしたり、シューキーパーなどを利用したりすることによって、靴が反り返ったりシワを防止することができ形を綺麗に保つことができます。
    乾かした革は水分と一緒に油分が抜けてしまっている状態なため、完全に乾いたところでクリーナーなどで汚れを落とし、次にビンやチューブ、液体タイプなどの靴クリームを塗り、失ったツヤや栄養などを補給します。
    仕上げに、防水スプレーをかけることによって、汚れや雨の日などから靴を守ります。
  • 普段からの手入れが大切

  • 普段からの手入れが大切
  • 皮革製品は、普段からきちんと手入れしていることが大切です。
    基本的には、保管するとき靴はシューキーパーという方をはめて保管し、油分がなくなりツヤがなくなったと思ったらワックスなどの油分を補給する、毎日履かずに二足以上の靴を使い回すなどの日頃からの手入れが靴を長持ちさせます。
    また、スエードレザーはブラッシングする、エナメルにはガラスクリーナーを使う、革底などもきちんとケアをするなど素材によって手入れの方法が変わるため注意が必要です。
雨の日で濡れた革靴の乾かし方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事