雨の日に濡れてしまった革靴のお手入れ

雨の日に濡れてしまった革靴のお手入れ

Thumb?1414295452 muah♪さん

602

革靴は雨に弱いので、基本的には雨の日は履かない方がいいのですが、ビジネスシューズはそうはいきません。普段からクリームの後に防水スプレーを使用しておくことで、雨対策ができます。ですが、激しい雨の日に革靴が完全に濡れてしまった場合は、特別なお手入れが必要です。


  • 突然の雨には習慣的な防水加工を

  • 突然の雨には習慣的な防水加工を
  • 革靴は雨に弱いので、基本的には雨の日は履かない方がいいのですが、ビジネスシューズはそうはいきません。また、晴れていても突然の雨で革靴を濡らしてしまうこともあります。靴のお手入れでクリームなどを使用されている方は多いですが、普段からクリームの後に防水スプレーを使用しておくことで、雨対策ができます。防水スプレーを習慣にすれば、突然の雨には対応できますが、激しい雨の日に革靴が完全に濡れてしまった場合は、特別なお手入れが必要です。
  • 完全に濡れてしまった場合

  • 完全に濡れてしまった場合
  • 完全に濡れてしまった場合は、まず靴の水分をタオルやペーパーなどで吸い取る必要があります。新聞紙でもかまいませんが、インクなどの汚れが気になる場合は、タオルやキッチンベーパーなどがおすすめです。靴の中が特に乾きづらいですので、乾かす際のポイントは、こまめに中のペーパーを取り替えることです。また、早く乾かしたりからといって、日に当てたり、ドライヤーで急速に乾燥させるのは、革のひび割れなどの原因になりますのでやめましょう。日陰で乾かしていきますが、革は柔らかいものですので、ペーパーなどの詰め方によって、型崩れする可能性もありますので、形を整えて干しましょう。
    ある程度乾いたら、シューキーパーを入れましょう。こまめにペーパーを変えられない方は、最初からシューキーパーを使用してもかまいません。革靴は濡れるとカビが発生しやすくなりますので、乾燥させた後はクリーナーで汚れを拭き取ったり、除菌消臭スプレーなどを使用しましょう。また白い汗染みなどの汚れは専用のクリーナーでお手入れしましょう。
  • 潤いを与えるためにクリームで磨く

  • 雨に濡れると革が乾燥しますので、潤いを与えるためにクリームで磨いて、最後に防水スプレーをかけます。靴の色にもよりますが、乾かしてみたら、雨でシミができてしまったということもあるかもしれません。その場合は、クリーナーでは落ちませんので、別の方法でシミを落とします。革専用の石鹸がありますので、靴をスポンジでよく濡らした後、スポンジで石鹸を泡立ててやさしく洗います。クリーニング用のブラシでやさしくこすった後、残った泡をスポンジで拭き取ります。後はペーパーやシューキーパーを入れて乾燥させていきます。革靴に種類によって石鹸が使用できないものもありあますので、使用の際には注意が必要です。正しいお手入れをすれば、雨の日でもおしゃれは楽しめます。雨に濡れてしまっても正しいお手入れをすることで、お気に入りの靴を長く履くことができます。
雨の日に濡れてしまった革靴のお手入れ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事