雨の日に革靴を履いた際の対策

雨の日に革靴を履いた際の対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

602

お気に入りの革靴が水に濡れてしまった場合、みなさんはどう対処しているでしょうか。革靴は手入れさえしっかりしておけば、たとえ雨の日に履くことが多くても、革の状態を良いままで保つことができます。では、その手入れとは具体的にどのようなことをしておけばいいでしょうか。


  • 濡れたまま放置するのは痛みの原因

  • 濡れたまま放置するのは痛みの原因
  • お気に入りの革靴が水に濡れてしまった場合、みなさんはどう対処しているでしょうか。何も対策をとらずに濡れたまま放置してしまうと、たとえ上等な革で作られたものでも傷みやすくなってしまいます。かと言って、水に濡らさないようにと神経質になったところで、急な雨や路面の状態が悪かったりすると、その靴を履いて外を歩く以上、いずれは必ず水に濡れてしまうことはあるでしょう。
    革靴は手入れさえしっかりしておけば、たとえ雨の日に履くことが多くても、革の状態を良いままで保つことができます。では、その手入れとは具体的にどのようなことをしておけばいいでしょうか。
  • お手入れ方法

  • お手入れ方法
  • 雨の日に履いてた靴は、家に帰って脱いだ後、まずしっかりと表面の水を拭き取ります。乾いた布で水滴をきっちり拭き取ります。この時、柔らかい布を使うことをおすすめします。デリケートな革を使って作られた靴の場合、ごわついた硬いタオルなどで革靴を拭くと、革に傷がついてしまう恐れがあります。柔らかめのもので、優しく丁寧に拭きあげましょう。
    次に乾燥です。間違っても温風ドライヤーで手っ取り早く乾かすことはやめましょう。熱を使って乾かすとひび割れの原因になり、革の寿命を早めてしまいます。通気のいいところで陰干しをし、自然に乾かすことが一番です。靴底(ソール)も革で作られたものなら、地面から浮かせて風が通るようにしておくと、より効果的に乾かすことができます。また、シューキーパーを持っていれば、靴に入れておきましょう。靴の型崩れやシワを防止に効果があります。木製のものなら湿気を逃してくれるので、さらに効果的です。
    1日〜数日して乾いた後は、最後の仕上げ。靴クリームでしっかりと革に栄養を与えます。革は濡れて乾いた後、油分が抜けてしまいます。油分が抜けた状態で履いて歩くと、これもひび割れの原因になってしまいます。靴クリームを使い、乾いた革靴に栄養補給し潤いを与えることはとても大切です。これは雨の日に履いた場合に限らず、日頃の手入れでも大切なことです。ニュアンスとしては、手が乾燥した時にハンドクリームを塗るのと似ています。ハンドクリームを塗らずに乾燥したままだと、ひび割れやあかぎれの原因になります。
  • 3つの方法でお手入れを

  • 3つの方法でお手入れを
  • 雨に濡れたあとの手入れの方法をまとめると、「水滴を拭く」、「自然乾燥させる」、「栄養クリームで油分を与える」、この3点になります。これらを怠ると、革が痛む原因となるので、なるべく行うようにしましょう。
    また、やむを得なく事前に雨の日に履くことがわかっていれば、防水スプレーで対策しておくと、革靴へのダメージを多少軽減する効果も期待できます。ただし、革への水分侵入を完全に防ぐことはできないので、防水対策をした場合でも、水に濡れたらやはり手入れをすることは大切といえます。
雨の日に革靴を履いた際の対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事