雨の日にスエードの革靴を履く際の注意点

雨の日にスエードの革靴を履く際の注意点

Thumb?1414295452 muah♪さん

2897

独特の素材感とオシャレな見た目が特徴のスエードは、革の裏側をバフし起毛させたものです。普通の革靴とは違った手入れが必要で、しかもこまめにケアしてあげないと汚れなどが目立ちやすいのです。スエードブーツの日頃のお手入れ方法と、水に濡れた場合の最適な対処法とはどのようなものでしょうか


  • 普通の革靴とは違った手入れが必要

  • 普通の革靴とは違った手入れが必要
  • 独特の素材感とオシャレな見た目が特徴のスエードは、革の裏側をバフし起毛させたものです。その暖かそうな見た目から、ブーツに使われることの多い素材ですが、オシャレとして春や夏に履く人も多く見られます。
    この一定の人気を保っているスエードブーツですが、手入れが大変です。普通の革靴とは違った手入れが必要で、しかもこまめにケアしてあげないと汚れなどが目立ちやすいのです。そしてなによりも雨に弱いです。雨の日に履いてしまった場合は、より一層の手入れを施さないといけません。これは他の起毛革にも共通して同じことが言えます。
    では、スエードブーツの日頃のお手入れ方法と、水に濡れた場合の最適な対処法とはどのようなものでしょうか。
  • 簡単なお手入れと水に濡れた時のお手入れ方法

  • 簡単なお手入れと水に濡れた時のお手入れ方法
  • まず普段の簡単な手入れはブラッシングです。専用のブラシで毛の間に入った泥やホコリをかき出すようにブラッシングします。濃い色の靴の場合、白っぽく見えるところはホコリが入っていることが多いので、ブラッシングするだけで元の色に戻る可能性は十分にあります。全体の毛の「流れ」を整えてあげると、より美しく見えるようになります。
    目立つ汚れがついてしまった場合には、専用のクリーナーを使って汚れ落としをします。ひどい汚れでなければ、たいていはブラッシングとクリーナーで落とすことができます。注意点としては力任せにブラシをかけたり、クリーナーを多用しないことです。毛が抜けてハゲたり、色あせてしまって色ムラが出てしまうことがあります。くれぐれも優しく丁寧にケアするように心がけましょう。
    では、水に濡れた場合のお手入れ方法。スエードは革靴の中でも特に水に弱い素材です。雨の日に履くと、ほぼ確実に雨ジミができてしまいます。対処法としては、まずは濡れた部分の水分を、乾いたタオルなどで抑えるように水気を取り除きます。その後丸めた新聞紙を靴の中に入れ、風通しの良い場所でしっかりと陰干しします。この時、新聞紙はこまめに取り替えるようにしましょう。湿気を含んだ新聞紙を入れたままにしてしまうと、乾きにくくなり逆効果になってしまいます。
  • 少しの手間で、長く大切に履き続けることができる

  • 少しの手間で、長く大切に履き続けることができる
  • これでも雨ジミができてしまった場合には、あまりオススメはしませんが、思い切って全体を水で濡らしてしまう方法があります。濡れた部分だけ色が変わってしまいシミになるので、全体を濡らしてシミを隠すのです。ただし、靴も痛みやすくなってしまいますので、あくまで最終方法と考えてください。
    スエードは水に弱いので、なるべく雨の日は避けて履きたいものですが、どうしても濡れてしまうこともあるでしょう。完全防水はできませんが、月に1回程度防水スプレーを振ることで、濡れた際にシミを防ぎやすくなります。また、これに加えて、やはり日頃の手入れで革の状態を良くしておくと、汚れなどで色ムラがでたりしにくくなります。お気に入りの靴であれば、ほんの少し手間をかけるだけで、長く、大切に履き続けることができます。
雨の日にスエードの革靴を履く際の注意点
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事