雨の日の頭痛やめまいの原因と改善

雨の日の頭痛やめまいの原因と改善

Thumb?1414295452 muah♪さん

3343

大気の気圧が下がると、身体は様々な不調を訴えることになります。気象病は、病院にいったとしても、一般的にはあまり知られていないため、原因不明の病気として扱われることがあります。普段から決まった時間に寝て決まった時間に起きることが自律神経への負担を低くすることに繋がります。


  • 血行不良で起きる

  • 血行不良で起きる
  • 雨の日には頭痛やめまいといった症状が出やすくなります。それは、大気の気圧が原因となっております。大気の気圧が下がると、身体は様々な不調を訴えることになります。気象病は、病院にいったとしても、一般的にはあまり知られていないため、原因不明の病気として扱われることがあります。
    雨の日の、頭痛やめまいの原因は、気圧が低くなることにあります。低気圧になったとき、大気からの身体への気圧の力が弱まることによって、全身を押さえつけている気圧の力が弱まるので、身体が膨張することになります。膨張したことにより、血管やリンパの流れの勢いも低下するので、気圧が低い雨の日には晴れている日よりも血行不良を起こすことで起こります。
  • 体調不良を治すためには

  • 体調不良を治すためには
  • こういった体調不良を治すためには、血流をあげるために、軽い運動やストレッチ、入浴などが効果的です。さらに、動き回らず、安静に保つことや、光や音などの脳の活動に影響を与えることで、血管の拡張につながるので、痛みが引くまではなるべく音や光を遮断することが大切です。また、身体を圧迫するようなことを避けることも必要です。
    低気圧による症状を改善するためには、患部やその周囲を冷やすことで、血管の拡張を押さえたり、首筋を冷やして血管を収縮させることで痛みなどを和らげることができます。
    さらに、頭痛の原因として、肩こりや首こりによって引き起こされることもあります。慢性的な肩こりや首こりをお持ちの人は、雨の日の気圧の変化により、自律神経が失調することも大きな原因となっております。慢性化している人にとって、ほかの人よりも血流の流れが悪くなっているために、気圧が低い雨の日にはほかの人よりも症状が出やすくなっております。
    他に、雨の日の頭痛やめまいといった症状が出ないようにするためには、自律神経のバランスを保つことが大切です。気圧の変化によって自律神経のバランスが保てなくなるのは、内耳に存在するセンサーが気圧の変化をキャッチして、自律神経のバランスが乱れます。
  • 規則正しい生活が大切

  • 規則正しい生活が大切
  • 自律神経に負担をかけないことと、バランスを整えることも頭痛やめまいといった体調不良を予防するために大切なことです。自律神経のバランスを整えるためには、不規則な生活を改めることが大切になります。
    生物は、生まれながらにして、体内時計を持っております。しかし、不規則な生活により、体内時計が狂い、自律神経に負担を与えてしまいます。普段から決まった時間に寝て決まった時間に起きることが自律神経への負担を低くすることに繋がります。
雨の日の頭痛やめまいの原因と改善
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事