雨の日の頭痛対策をして上手につき合う

雨の日の頭痛対策をして上手につき合う

Thumb?1414295452 muah♪さん

358

雨の日との因果関係は明確にはわかっていませんが、空気、湿度、気圧、照度の変化が関係しているのでしょう。気圧の変化は自律神経に作用します。日常的な生活バランスと睡眠バランス、食事のバランスに気を配って、上手につきあっていきましょう。


  • 気圧の変化は自律神経に作用する

  • 気圧の変化は自律神経に作用する
  • 祖母、伯母、私が顔を突き合わせると「今日は頭が痛いから、雨が降るね」といい、そして実際に雨が降ったものでした。雨の日に頭が痛くなる症状は、何世代にもわたって女性を悩ませてきた現象です。雨の日との因果関係は明確にはわかっていませんが、空気、湿度、気圧、照度の変化が関係しているのでしょう。特に気圧の変化が影響を与えていると言われています。気圧の変化は自律神経に作用します。そして、血管の拡張を促し頭痛がおこります。自律神経の変化は、めまいや耳鳴り、生理不順、眠気などを引き起こすこともあります。
  • 影響を受けない自律神経機能を維持する

  • 影響を受けない自律神経機能を維持する
  • 雨の日の頭痛の原因は、前記したような気圧変化による血管拡張だけではありません。眠気を我慢することからおこる場合や、日常的なストレスによる緊張に加えて、気温の変化による身体の緊張からおこる緊張型頭痛、そして適切な視力調整を行っていない場合は、照度の変化による目の疲労からおこることもあるでしょう。自分の状態を見極めてそれぞれに合った対策をする必要があります。
    すべてに対して共通してできる対策は、ゆっくりとリラックスした時間を過ごすことにあります。十分な睡眠をとり、目に刺激を与えないようにパソコンやスマートフォンでの閲覧を控えます。自律神経の乱れやすさは人によって差がありますが、平素から安定したバランスを保っていることが大切です。ストレスをため込まず、規則正しい睡眠と食事、日常的なリラクゼーションが、天気の変化くらいでは影響を受けない自律神経機能を維持することにつながります。
  • 雨の日の頭痛は長く続く

  • 雨の日の頭痛は長く続く
  • とはいえ、頭が痛くなってしまったら、そんなことも考えてはいられません。
    まずは、身体を動かしたり心理的な刺激があると、血液の流れが活発になり痛みが増しますから、静かな光のあたらない落ち着いた部屋で休むと良いでしょう。そして、首の後ろを冷やし血管の拡張を抑えます。血管の拡張を抑える、コーヒーなどのカフェインやアーモンド・豆腐・ホウレンソウなどのマグネシウムを摂取すると良いともいわれています。ただし、ここで重要なのは、血液が流れるたびに「ズキンズキン」とする片頭痛の症状であるのか、それとも頭を締め付けるような緊張型であるのかを見極める必要があることです。緊張型の場合には、首筋を冷やすことは逆効果です。血行を良くするために筋肉をほぐし、首筋を温めることにより痛みがやわらぎます。
    雨の日の頭痛とは、きっと長いおつき合いをすることになるでしょう。日常的な生活バランスと睡眠バランス、食事のバランスに気を配って、上手につきあっていきましょう。
雨の日の頭痛対策をして上手につき合う
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事