雨の日の頭痛にはツボ押しが効果的

雨の日の頭痛にはツボ押しが効果的

Thumb?1414295452 muah♪さん

1408

雨の日はいつもなぜか頭が痛くなる、そんな症状に悩まされている人がたくさんいます。気圧がさがるときに症状が出る人もいれば、気圧が上がるときにより強く痛みを感じる人など、痛みの発生の傾向は人それぞれです。合谷と三陰交は体全体の調子を整える作用があるので、日頃から刺激しておくとよいでしょう。


  • 症状が出る気圧は人それぞれ

  • 症状が出る気圧は人それぞれ
  • 雨の日はいつもなぜか頭が痛くなる、そんな症状に悩まされている人がたくさんいます。そのような痛みは低気圧頭痛や天気頭痛などと呼ばれています。雨の日前後は気圧の変化が大きく、自律神経のバランスに作用して、血圧の変化や血管の収縮・拡張が起き、痛みの原因になると考えられています。通常の雨の日よりも気圧の変動が大きくなる台風はもっと症状がひどくなる傾向があります。天気に関係した痛みに悩まされている人は、自分の頭痛の記録をつけ、発生の傾向を把握するようにしましょう。気圧がさがるときに症状が出る人もいれば、気圧が上がるときにより強く痛みを感じる人など、痛みの発生の傾向は人それぞれです。
  • 頭の痛みの予防にはツボ療法が有効

  • 頭の痛みの予防にはツボ療法が有効
  • 自分の痛みの発生の傾向が分かったら、天気予報を参考にあらかじめ予防することが天気頭痛には非常に有効です。症状が出てから痛みを和らげるのはとても難しいことなのです。
    頭の痛みの予防にはツボ療法がとても有効です。予防には完骨(かんこつ)という両耳の後ろにあるゴリゴリとした骨の部分のツボと、れい兌(れいだ)という、足の第二指の外側の爪の生え際にあるツボを使います。ここをお灸やドライヤーなどであったかいと感じるまで温めることが予防につながります。ツボ療法と平行して、痛みが発生しやすい時期はできればスケジュールを調整、忙しくなりすぎないようにします。疲れがたまっている状態やストレスを感じているときに、より強く痛みの症状が出やすくなるからです。痛みが強く出て仕事が出につかなくなるような人は、本格的な症状が出る前に、頭痛薬を服用してもよいでしょう。
  • 日頃から刺激しておくとよい

  • 日頃から刺激しておくとよい
  • もし痛みがおきてしまったらアイマスクなどを使用したり、暗い部屋で体を休めるようにしましょう。お酒をのんだり入浴したり体を温めるような習慣は、さらに痛みを強くする可能性があります。それから痛みを和らげる作用があるツボを試しましょう。こめかみが痛む場合は太陽(たいよう)を、後頭部が痛むときは風池(ふうち)を指圧します。太陽はまゆ尻と目尻の中央から、やや後ろの位置にあります。風池は頭を支える太い2本の筋肉の上の髪のはえぎわのところにあります。痛む箇所を問わず、合谷(ごうこく)と三陰交(さんいんこう)の刺激がおすすめです。合谷は指と人指し指のつけ根でそれぞれの骨交わるところにできたくぼみにあります。三陰交は足の内くるぶしから指の幅4本分位上のところにあります。合谷と三陰交は体全体の調子を整える作用があるので、日頃から刺激しておくとよいでしょう。
雨の日の頭痛にはツボ押しが効果的
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事