赤ちゃんは汗かき、水分補給をこまめに

赤ちゃんは汗かき、水分補給をこまめに

Thumb?1414295452 muah♪さん

402

大人の平熱が36度〜36.5度に対して、赤ちゃんの平熱は37度あります。赤ちゃんは季節問わずに水分補給には十分注意しなければなりません。


  • 赤ちゃんはとても汗かき

  • 赤ちゃんはとても汗かき
  • 赤ちゃんはとても汗かきです。
    大人の平熱が36度〜36.5度に対して、赤ちゃんの平熱は37度あります。
    夏はもちろんみなさん汗をかく機会が多いので、水分補給には十分気をつかっていらっしゃいますが、赤ちゃんは季節問わずに注意しなければなりません。
    そして大人は体重の約60%が水分なのに対し、赤ちゃんは体重の約70〜80%が水分で占めているため、たくさんの水分が必要になります。
    大人がちょうどいい、もしくは赤ちゃんが寒いだろうと部屋を暖かくしたり、厚着や厚手のふとんをかけてしまってはいませんか。
    体温が高いため、大人の適温と子供の適温は変わってくるのです。
    自分が適温と感じているときも注意してお子様を見ましょう。
  • 赤ちゃんの水分補給のポイント

  • 赤ちゃんの水分補給のポイント
  • 初めのうちは、母乳やミルクを2〜3時間おきに与えているので、水分は十分であろうと考えがちにもなってしまいます。ですが、量にすると特に最初はたくさんの量が飲めずこまめに授乳をしなくてはならないため、合計で考えるとさほどの量にはなりません。
    そして、こまめに授乳していると体が小さいので体内に水分を大量にためておくことは困難なため、排泄の量も多くなり水分は出ていくことになりがちです。汗の量や排泄の量もしっかり観察しておくことが大事です。水分補給とはいっても、ただ単に水ばかりをあたえるだけではいけません。
    体内の水分は塩素やナトリウムなどのミネラルがたくさん溶けています。
    大人はミネラルの濃度を一定に保てるようにある程度体内が成長していますが、赤ちゃんはこのような機能もまだ発達していないのです。この状態で水だけを与えると、濃度が薄まり余計に水分を排出しようとします。
    大量の汗をかいたり、入浴後の水分を補給する際にはイオン飲料を与えるようにしましょう。赤ちゃん用のものを選んで与えましょう。
    ただし、甘味がついていたり飲みやすいものも増えているため、与えすぎると満腹で食事やミルクを飲まなくなるので注意が必要です。
  • おすすめの水分補給、白湯

  • おすすめの水分補給、白湯
  • 家で簡単に作れる水分補給のものには白湯もあります。
    白湯は一度沸騰させて、カルキなどを除去するため生ものであることを認識しましょう。作った白湯は早めに飲ませることと、残ったからといって次の日に飲ませたりしてはいけません。
    家であればある程度すぐに水分補給の対処はできますが、外出先や長時間の乗り物移動など授乳がすぐできないこともありますので、何かしらの水分補給ができるものを持ち歩くよう心掛けることも大事です。
    最低限母乳やミルクで水分は補えますが、発熱、大量の汗など必要に応じた水分補給も心がけましょう。
赤ちゃんは汗かき、水分補給をこまめに
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事