汗かきな体質と体格の関係

汗かきな体質と体格の関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

3442

肥満体型の人がよく汗をかくという一般的なイメージがありますが、明らかな肥満体型ではなくとも、汗かきな人たちはいます。


  • 汗と体格の関係

  • 汗と体格の関係
  • 汗かきであることと体格は無関係ではありません。
    一般的なイメージとして定着しているのは、肥満体型の人がよく汗をかくというものです。なぜ太っている人が汗をかきやすいかと言えば、彼らが標準体重や痩せ型の人たちよりも多くの体重を持ち運んでいるからです。
    例えば、同じ距離を歩くとしても、より多くの重量を運ばなければならない場合、より多くのエネルギーを消費します。体内のエネルギーを消費するときには熱を発しますから、熱くなった体を冷却するために汗をかくのです。
    また、体脂肪が多いと外気の寒さが体の中心部まで浸透しにくいという特徴もあります。皮下脂肪がちょうど魔法瓶のような役目を果たすのです。このため皮下脂肪が多い人は、寒いときでも体の中心部が既に温まっていることが多いという特徴があります。外が寒くても体の芯までは冷えていないので、多少体を動かすなどして体温が上がると汗をかくのです。
    逆に言えば、体脂肪の多い人の体の中心部がいちど冷えきってしまうと、体脂肪が多くない人たちよりも温まりにくいということでもあります。
    肥満体型の人が汗をかくのは、余分な体脂肪を燃やしている証拠であり、本人の健康のために非常に良いことなのです。着替えやタオルを上手に利用してたっぷり汗をかくべきです。
  • 筋肉の量が多い人たちも汗をかきやすい

  • 筋肉の量が多い人たちも汗をかきやすい

    出典: instagram.com

  • 一方で、明らかな肥満体型ではなくとも、汗かきな人たちはいます。
    汗をかく原因には様々なものがあるので、一概に体格だけで汗かきかどうかを判断することはできません。
    しかし、筋肉の量が多い人たちも汗をかきやすくなります。それは、筋肉が動くことで熱を発するからです。
    このことは、筋肉量の多寡に関わらず誰もが無意識に行っていることです。寒いと体が震えますが、これは無意識のうちに体が筋肉を動かして熱をつくり出し体温を上げようとしているのです。
  • 発汗は体の健康を守る大切な機能

  • 発汗は体の健康を守る大切な機能

    出典: instagram.com

  • 冬などでも寝汗をかくのは男性に多く見られます。そもそも筋肉自体が水分を大変多く含んでいます。また、筋肉は体を動かすのに必要不可欠なものである一方で、密度が濃く重いという特徴もあります。同じ体積であれば脂肪よりも筋肉のほうがずっと重いのです。
    重量物を動かすときには多くのエネルギーを必要としますから、たとえ体脂肪が少なく筋肉が多い体でも、体を動かすときには多くのエネルギーを消費するのです。
    エネルギー消費が多ければ、たくさんの熱を発し、上がり過ぎた熱を冷やすために汗をたくさんかくことになります。社会が成熟して便利で清潔になってくると汗かきすら敬遠されるような雰囲気まで出てきがちです。
    しかし、発汗は体の健康を守るための大切な機能であり、健康促進の象徴でもあるのです。
汗かきな体質と体格の関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事