汗かきの方が汗を止める方法について

汗かきの方が汗を止める方法について

Thumb?1414295452 muah♪さん

612

顔に汗をかきやすい女性は、お化粧が崩れやすくなり、汗かきの本人にとっては深刻な悩みである場合もあります。ここでは、顔の汗を止める方法について、ご紹介します。


  • 顔に汗をかかない効果的な方法

  • 顔に汗をかかない効果的な方法
  • 美容のためにも健康のためにも、汗をかくことはいいことなのですが、必要以上にかくとなると話は別です。特に顔に汗をかきやすい女性は、お化粧が崩れやすくなり、汗かきの本人にとっては深刻な悩みである場合もあります。ここでは、顔の汗を止める方法について、ご紹介します。

    顔に汗をかかない効果的な方法は、お化粧をする前に、首の後ろを冷やすという方法です。濡れタオルや保冷剤をタオルでくるんで、首の後ろにあてて冷やすことによって、体感温度が下がります。体感温度が下がることによって、顔に汗をかきにくくなります。
    外出先で顔の汗を止めるには、ハンカチを水で濡らして、首の後ろにあてましょう。汗かきの方は、いつでも冷やすことができるように、小さな保冷剤をタオルにくるんでおいて、バッグに入れておくという方法もあります。また、そのほかの顔の汗を止める方法は、指で両側の胸の上、鎖骨の少し下のあたりを、指でぐっと押さえて圧かけるようにするという方法です。胸を圧迫させると、顔の汗は止まります。
  • 汗腺を活発化させることで全身にきれいな汗を

  • 汗腺を活発化させることで全身にきれいな汗を

    出典: instagram.com

  • 根本から、顔だけに汗をかかないようになるためには、顔以外の全身に汗をかけるように、汗腺を衰えさせないということです。運動をして、まずは全身の汗腺を若返らせることから始めましょう。
    汗腺は、体温調節に重要な働きをする器官となります。体温を調節するために、顔の汗腺からも汗をかくというわけです。
    顔にだけ汗を多くかく場合の汗は、お化粧崩れしやすいベタベタした汗となります。部分的にしか汗をかかないといった場合には、そこから出るベタベタした汗に、空気中のホコリなどが付着してしまいます。さらに、ニオイもしやすくなるという特徴があります。
    まずは汗腺を活発化させて、全身に汗をかくようになると、汗腺から出る汗は、さらさらした汗となりますので、空気中の誇りなども引き寄せることもなく、ほぼニオイもすることもありません。
    運動などをして、全身にきれいな汗をかけるようになってから、首の後ろを冷やして顔の汗を止めましょう。
  • ツボおしも効果的

  • ツボおしも効果的
  • 汗は、リンパ節を冷やすことで止まるとされています。顔の汗を止めるには、首の後ろのリンパ腺を冷やすようになりますが、全身の汗を止める場合には、首の後ろのほかに、ワキの下、太ももの付け根、左の鎖骨の下、ひざの裏などのリンパ節を冷やすことで、全身の汗を止めることが可能となります。また、人差し指と親指の付け根が交わる位置で、少しだけ人差し指側に、「合谷(ごうこく)」というツボがあります。合谷は、汗を止めるツボとなります。
    このツボを刺激するというのも、汗を止める方法となります。
汗かきの方が汗を止める方法について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事