ハンカチで顔や身体についた汗を拭うときの方法及びハンカチの洗濯の仕方

ハンカチで顔や身体についた汗を拭うときの方法及びハンカチの洗濯の仕方

Thumb?1414295452 muah♪さん

721

汗は体温調節などに役立っており、熱くなりすぎた身体の内部を冷やすことができます。ただ、人によっては運動後や暑さなどによって多量に汗を分泌してしまうこともあり悩みの種になってしまうこともあります。


  • 人間の汗の役割

  • 人間の汗の役割
  • 汗は哺乳類であればほとんどの動物が出すいわば生命の仕組みです。哺乳類には汗腺と呼ばれる汗が流れる源の部分を持っており、そこから汗を分泌していきます。
    人間の場合は体温調節などに役立っており、熱くなりすぎた身体の内部を冷やすことができます。
    人間は哺乳類の中ではヒョウや馬などと比べるとそこまで速く走れるわけではありません。しかし訓練と工夫次第では数十キロほどの長距離をある程度持続して走ることができます。その理由の一つがこうした体温調節ができる仕組みにあります。
    ただ、人によっては運動後や暑さなどによって多量に汗を分泌してしまうこともあり悩みの種になってしまうこともあります。
  • ハンカチは湿らせてから汗を拭くと◎

  • ハンカチは湿らせてから汗を拭くと◎

    出典: instagram.com

  • 汗を止めるときによく用いられ顔や身体などを拭く役割を持っているのがハンカチです。
    汗が厄介なのは分泌したその後に不快な臭いを放つことがある点です。しかし臭いを放つ前にハンカチで拭いておくことで臭いを抑えることができるため日常の様々な場面で用いられています。

    ハンカチの拭き方にはコツがあります。

    まず、乾いたハンカチで顔などを拭いておくことはごく一般的に行われていることですが実はその行為はあまり良くないということが研究により分かっています。乾いたハンカチで顔や身体を拭くと水分を多く吸収してくれやすいので、一見乾いているほうが使い易く効果的に見えます。しかし、実は水分については吸い取りやすいものの臭いの成分までは吸い取りにくいということがデータとしてあります。
    ですので、体臭が顔などを拭いた後かえってきつくなってしまい逆効果になってしまうこともあります。
    そのため、ハンカチを湿らせてから拭いておくことで気になる汗も臭いも綺麗にできます。ちょっとした手間を入れるだけで、簡単に気になる要素を全部消してくれます。
  • 使用済のハンカチはしっかり洗濯を

  • 使用済のハンカチはしっかり洗濯を

    出典: instagram.com

  • また、汗を拭いた後のハンカチは臭いを発する元になってしまっています。ですので、放置せずに洗濯などの習慣をきちんと定期的につけておくことが大事です。
    気になる臭いについては洗濯時に酸素系の漂白剤を使用することで綺麗に汚れや臭いをかき消してくれます。漂白剤には注意書きがありますので、その指示に従って洗濯を行えば問題は解決します。
    また、酸素系の漂白剤を使用した後は効果はしばらく持続します。ですので、しばらくは普通の洗濯でも問題はありません。
    漂白剤を使用する以外の方法もあり、効果が同じく高いのでどちらを選ぶかについては好み次第といえます。例としてぬるま湯と石鹸を使用してじっくりと手洗いをしてすすぐ方法は汚れや臭いを落としやすいです。
ハンカチで顔や身体についた汗を拭うときの方法及びハンカチの洗濯の仕方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事