悪い汗の場合には、必要な成分まで排出されて、夏バテになりやすくなります

悪い汗の場合には、必要な成分まで排出されて、夏バテになりやすくなります

Thumb?1414295452 muah♪さん

393

暑い夏には、あせをたくさんかくようになりますが、あせには良いあせと悪いあせとが存在しています。悪いあせをかくのは、汗腺が衰えているからです。


  • 普段あせをかかない人は悪いあせをかく傾向が

  • 普段あせをかかない人は悪いあせをかく傾向が
  • 特に暑い夏には、あせをたくさんかくようになりますが、あせには良いあせと悪いあせとが存在しています。普段あまりあせをかかない環境で過ごしている人の場合には、ベトベトした嫌なニオイのある、悪いあせの場合が多い傾向にあります。悪いあせをかく人は、新陳代謝機能も低下していますので、体温調節もうまくいかないことから、夏バテになりやすい体であるといえるのです。
    悪いあせをかくのは、汗腺が衰えているからです。普段から健康的なあせをかく習慣をつけることで、衰えている汗腺の機能を向上させることができるのです。
    良いあせがかける体質になれば、肌もすべすべになり、美肌効果も期待することができます。
    そもそも汗腺とは、皮膚の真皮の奥深くから、体表にある出口に向かってまっすぐ延びている管状の腺のことであり、ここからあせが分泌されています。
  • あせは重要な役割を果たしている

  • あせは重要な役割を果たしている
  • あせは本来、発汗という使命を果たすことによって、体の熱を下げて体温を一定に保ち、生命を維持する大切な役割を担っています。
    あせが水分として汗腺から体表面に排出され、それが蒸発する時に気化熱が生じて、身体の熱を取り除いています。つまり、身体がオーバーヒートするのを防いでいるというわけです。
    あせの成分は、その99%が水でできています。水以外の成分では、塩化ナトリウムやごく少量の尿素や塩素、カルシウム、マグネシウム、乳酸などのミネラルで構成されています。またこれらのあせの成分は、血液から作り出されています。
    血液中の血漿と呼ばれる成分があせとして使われています。そして、身体に必要なミネラルは、あせとして排出される前に、体内に再吸収される構造になっています。
  • 悪いあせは汗腺に大きな負担が

  • 悪いあせは汗腺に大きな負担が
  • あせは体温調節という、重要な役割を果たしています。体温調節に必要な量を必要な時にだけ出し、身体にとって大事なものは、再回収する仕組みとなっています。
    悪いあせをかく人の場合には、衰えた汗腺では大量の汗を処理しきれず、それぞれの汗腺に大きな負担がかかり、再吸収機能が十分には、機能することができていないのが現状です。再吸収が十分でないあせが出ますので、ベトベトした嫌なニオイのある、悪いあせをかくことになります。そしてそのあせは、粒も大きく蒸発しにくいという特徴がありますので、体温を下げる働きも不十分であり、あせの量も多く、またミネラルなど体に大切な成分も、一緒に流れてているのです。
    塩分を含んだしょっぱいと感じる汗は、必要な成分が水分とともに排出されたあせだからです。
悪い汗の場合には、必要な成分まで排出されて、夏バテになりやすくなります
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事