汗の成分による悪臭の発生とアルコール除菌の効果について

汗の成分による悪臭の発生とアルコール除菌の効果について

Thumb?1414295452 muah♪さん

473

汗の成分は約99パーセントが水分ですが、僅かに塩分やタンパク質などの異物が混在し、表皮や体毛に付着している雑菌が異物を分解することで悪臭が発生します。


  • 体調に不具合があることで体臭が発生することも

  • 体調に不具合があることで体臭が発生することも
  • 人体は気温の変動や激しい運動によって体温が上昇することで汗が分泌されます。汗が蒸発する際に生じる気化熱で表皮を冷やして体温を適正値に戻す効果がありますが、蒸発したまま放置すると特有の悪臭が発生して不潔な状態になってしまいます。
    汗の成分は約99パーセントが水分ですが、僅かに塩分やタンパク質などの異物が混在しています。表皮や体毛に付着している雑菌が異物を分解することで悪臭が発生する他、雑菌が繁殖することで表皮が汚れます。特に脇や股間は湿気が籠りやすく常に多数の雑菌が付着していることから、少量の発汗でも強い悪臭に見舞われることがあります。
    混在している異物の割合は健康状態に左右されやすく、病気やストレスなどで体調に不具合が生じていると塩分などの成分が増加する傾向があります。そのため、通常よりも更に強い悪臭が発生して不潔になりやすくなるので衛生管理には細心の注意を払う必要があります。
  • アルコール消毒が効果的

  • アルコール消毒が効果的

    出典: instagram.com

  • 汗臭さを解消する方法は様々ですが、アルコールで表皮の雑菌を取り除く方法は衛生管理が手軽な利点があることから広く普及しています。
    アルコールは多くの雑菌を除去できる他、強い脱水作用があるため成分の殆どが水分で形成されている汗を綺麗に取り除くことが可能です。
    アルコールは表皮の汚れと水分を同時に取り除く効果があるため、衛生管理を効率的に行うことが出来ます。
    アルコールは蒸発しやすいことから気化熱による表皮の冷却作用も強く、気温が高い夏季でも発汗を抑えることができます。そのため、汚れの除去以外に冷却剤として用いられるケースもあります。
  • アルコール消毒の注意点と衛生管理

  • アルコール消毒の注意点と衛生管理

    出典: instagram.com

  • 体温調節や衛生管理に対する利便性が高い一方で、アルコールの過剰な使用は人体に悪影響を及ぼす点を注意する必要があります。
    特に脱水の作用は肌の形成に必要な潤いまで取り除いてしまうことから肌荒れや炎症、色素沈着などのトラブルに見舞われる可能性があります。肌荒れが重篤化するとあかぎれや出血が生じて見栄えが悪くなるだけではなく、病気に感染するリスクも増大することから過度のアルコール消毒は控えることが大切です。
    発汗による表皮の汚れは日頃から衛生管理に気を配ることで軽減させることが可能です。そのため、こまめに体を洗浄して雑菌を減らすと共に、雑菌が付着しやすい体毛を取り除くように心がけます。また、体内に老廃物を蓄積させないように運動を適度に行いながら栄養摂取のバランスを考慮することで、汗の成分を調節して悪臭の発生を防ぐことができます。
汗の成分による悪臭の発生とアルコール除菌の効果について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事