汗を抑える為にハンカチを使う場合には

汗を抑える為にハンカチを使う場合には

Thumb?1414295452 muah♪さん

490

日本の夏は湿度が高く、サウナの様な熱さになります。日本は「梅雨」などの問題もあり、日本に住んでいる以上はどうあがいてもどうしようもない部分であると言えます。


  • 日本の夏の蒸し暑さ

  • 日本の夏の蒸し暑さ
  • 日本には四季が存在します。その為、人によっては四季の変動による不便な生活を強いられる場合もあります。
    春には花粉、夏には暑さ、秋には乾燥肌で、冬にはインフルエンザなどなど、色々な問題があると思います。
    私達はそれでも、先人の知恵と自分が経験で身につけた知識で、それを誤魔化して上手く生活していく事が大切です。

    今回は夏によく見られる汗に関しての話になります。
    日本の夏は湿度が高く、他の国々でよくある「日陰に入ると意外と涼しい」という状況になる事が少なく、サウナの様な熱さになります。
    これは日本が海に囲まれた島国である事、そして山岳の森林が多い事に由来します。
    日本は温暖湿潤気候が夏にて一辺倒であり、季節風の現象も同じくであり、あげくに日本は「梅雨」などの問題もあります。
    これが大雑把に言えば夏の蒸し暑さの原因であり、日本に住んでいる以上はどうあがいてもどうしようもない部分であると言えます。

    その為、人間の体温の「恒温」を奪い、とにかく体温を上昇させるので体力の浪費や汗が無駄に流れるなどの事もあって、夏は厳しい時期となります。
  • ハンカチを使った汗を抑える方法

  • ハンカチを使った汗を抑える方法

    出典: instagram.com

  • その為、日本ではハンカチなどがどうしても必要です。
    そして、そのハンカチのシンプルな使い方が意外と大切な、夏の熱さを凌ぐ要素になったりします。シンプルな使い方とは、ハンカチを水道の水などで濡らして、額や首を抑えるなどをして冷やす事と、そして腕や足、胸や背中などをしぼりきっていないハンカチで拭いて水を身体に染み込ませるなどの行為になります。

    人間の身体は皮膚呼吸をしています。
    これは大雑把に言うと皮膚を用いた呼吸です。
    口の呼吸器官での酸素の摂取などとは比べる程のものではないですが、喉を通る呼吸よりは重要性が高いとは言われていませんが、皮膚呼吸は体温の調節の役割も担っています。
    その為、皮膚に水気を染み込ませる事で皮膚を潤して潤滑性を高める事が大切であるという事です。
    これは人が喉が渇いて体力が辛いという時に水分を摂取して、ある程度は楽になる原理と同じで人間の身体は水分がないと生きていけないのと、皮膚が水分を得る事で皮膚呼吸の円滑化が進むという事の相関性を意味する部分でもあります。
  • 日本では必需品と言えるハンカチ

  • 日本では必需品と言えるハンカチ
  • その為、日本では必需品と言えるハンカチなどは汗を拭いたりすれば直ぐに水で汗の分をハンカチの中から搾り抜き落として、水道水でもいいので水気を多く含ませて身体に水気を、潤いを取り戻させる事が大切であるという事です。

    夏を外で歩く際には額や頭を前述のやり方で冷やすだけでも効果はあります。
汗を抑える為にハンカチを使う場合には
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事