汗を抑える様々な方法

汗を抑える様々な方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

307

汗をかくということは代謝を上げ、体を維持する上でとても大切なことです。しかし普段の生活の中でかきたくないときにかいてしまうことがほとんどで、とにかく不快でなんとかしたいと思う瞬間は日常に溢れています。


  • 汗にも種類があります

  • 汗にも種類があります
  • 私たちが一日にかく汗の量は約1リットルとされており、種類や各場所やシチュエーションも様々です。
    まずは、気温が高い暑いときや運動したときに分泌される体温調節のためのものがあります。これは体全体にかきやすいサラサラとしたもので、体温の上昇を防ぐ働きがあります。
    次に、びっくりしたときや緊張しているときに分泌される精神的なものがあります。季節や気温に関係なく、不安やストレスなど様々な心理状態によりかくもので、顔や手や脇などにかきやすい少しベタベタしたものです。
    さらに、カレーや唐辛子など辛いものを食べたときに分泌される味覚によるものもあります。辛さの成分により、鼻や額などから吹き出すようにかくものです。
  • 普段の生活で汗は厄介なもの

  • 普段の生活で汗は厄介なもの
  • 汗をかくということは代謝を上げ、ダイエットにも最適であり、体を維持する上でとても大切なことです。
    しかし時と場合によります。
    運動やサウナなどで積極的に発汗を促すのはとても気持ちの良いものですが、普段の生活の中でかきたくないときにかいてしまうことがほとんどで、洋服がシミになってしまったり、化粧崩れを気にしたり、とにかく不快でなんとかしたいと思う瞬間は日常に溢れています。悩んでいる人も多いでしょう。
    汗を抑える様々な方法を知っておけばいざという時にきっと役立つはずです。
  • 汗を抑える様々な方法

  • 汗を抑える様々な方法
  • まずはとにかく体温を下げる方法です。首の後ろや脇、足の付け根などのリンパ節を冷却し、効率よく速やかに冷やします。冷却シートやスプレー、保冷剤や冷たいドリンクの入ったペットボトルなどを使えば簡単に行えます。ひんやりして気持ちも良いですし、汗がひいていく感覚を瞬時に実感できるでしょう。

    次に制汗剤で抑える方法です。夏になれば様々な種類のものが店頭に並び、用途によって使い分けることができるのでとても便利です。スプレータイプのものやシートタイプのものは手軽で瞬間的に抑えることができます。また、家から出かける前などに塩化アルミニウムやミョウバンなどの成分を含むローションタイプのものを使えば事前に汗の分泌やにおいなどを抑えることも可能です。

    抑えたいけど手元に何もないときにはツボ押しという方法もあります。押す場所によって抑えることのできる場所も違い、即効性のあるものから継続的に刺激して期待を高めるものなど様々です。

    精神的なものによる分泌を抑えるためには日頃から自律神経を整えておく方法もとても大切なことです。不安や緊張により交感神経が優位になると手や顔にかいてしまうからです。
    汗を抑えるための様々な方法を知り、生活の中で汗と上手に付き合っていきたいものです。
汗を抑える様々な方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事