塩分は、汗の成分となります

塩分は、汗の成分となります

Thumb?1414295452 muah♪さん

1211

アセは、良いアセと悪いアセとに分かれます。ベタベタした悪いアセをかくようになるのは、汗腺の機能低下が原因となります。良いアセは、水に近いサラサラした状態のアセなのです。


  • 汗の出る汗腺には2つの種類がある

  • 汗の出る汗腺には2つの種類がある
  • 汗の成分は、99%が水分であり、残りの1%が塩分やタンパク質、乳酸などとなります。
    皮膚には、汗の出る「汗腺」が存在し、その汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つの種類があります。エクリン腺は、生まれた時から体のほぼ全身に存在しており、アポクリン腺は、思春期になるとワキや外陰部など、体の特定の部位に発達します。
    私たちが通常アセをかいたと感じるのは、アポクリン腺ではなくエクリン腺から出た汗のことを指しています。
  • エクリン腺の機能

  • エクリン腺の機能
  • 全身にあるエクリン腺なのですが、特に手のひらや足の裏に多いという特徴があります。活性時期はほぼ一生であり、汗の特徴は、透明な液体で主な成分は水であり、尿に似た成分をわずかに含んでいます。無菌状態下では無臭なのですが、細菌に分解されるとニオイを発します。気温や緊張するなどして大脳が刺激された場合、辛いものを食べた場合などが、発汗に影響しています。
    その機能については、体温調節をしたり、腎臓機能の補助、皮膚の乾燥防止などとなります。
    しかし、現代人はアセをかく機会が減少傾向にあります。冷暖房設備の普及や運動不足などがその要因です。アセをかく機会が減ることによって、汗腺の機能が低下し、アセをかけなくなるという状態に陥ってしまうのです。
  • 良いアセと悪いアセ

  • 良いアセと悪いアセ
  • アセは、良いアセと悪いアセとに分かれます。悪いアセとは、ミネラル分の多いべたべたしたアセのことです。
    ミネラル分の多いアセは、蒸発しにくいという特徴がありますので、体温調整がうまく行えないようになります。
    さらに、アンモニアなどのニオイ成分も含んでいますので、ニオイも発生します。アンモニアは、皮膚の表面をアルカリ性にしますので、これが雑菌の繁殖を促進させてしまい、ニオイをパワーアップさせるのです。
    そもそも、ベタベタした悪いアセをかくようになるのは、汗腺の機能低下が原因となります。
    本来であれば、血液中に含まれるミネラル分をろ過するという働きがあるのですが、この機能が低下したことによって、充分にミネラル分がろ過できていないからです。身体に必要なミネラル分を、ろ過できず血液中から奪い去るようになりますので、ミネラル不足による慢性疲労や、熱中症の原因にもなってしまいます。
    日頃から運動をしたり、体の基礎代謝を高めて、良いアセをかく習慣を身につけることが重要となります。
    良いアセは、水に近いサラサラした状態のアセなのです。蒸発しやすく、弱酸性となりますので、皮膚の常在菌の繁殖を抑制します。さらに、無色・無臭・無菌であるために、ニオイも発しません。
塩分は、汗の成分となります
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事