汗をかかない人には、基礎代謝をアップさせるサウナをおすすめします。

汗をかかない人には、基礎代謝をアップさせるサウナをおすすめします。

Thumb?1414295452 muah♪さん

908

汗をかくことで、身体の中の老廃物を体外に排出させることができます。つまり、普段汗をかかない人は基礎代謝が下がり、老廃物も蓄積されてしまっている状態です。


  • 汗をかくメリット

  • 汗をかくメリット
  • 汗をかくことのメリットについて、ご紹介します。
    まず、汗をかくことで、身体の中の老廃物を体外に排出させることができます。
    つまり、デトックス効果があるということです。普段あまりアセをかかないという人は、老廃物が体内に蓄積されたままということになります。
    老廃物が蓄積されて、身体の基礎代謝を低下させています。アセをかくことによって、基礎代謝機能をアップさせることができます。
  • サウナで血行促進、基礎代謝アップ

  • サウナで血行促進、基礎代謝アップ

    出典: instagram.com

  • そこで、汗をかきにくい体質の方におすすめしたいのが、サウナとなります。
    サウナに入ると血行が良くなり、血液中老廃物の排出がスムーズになります。血液のデトックスだけではなく、入ることで血行が良くなると、運動した後と同じような状態に体がなります。運動した後のような心地良い疲れがありますので、寝つきが良く、質の高い睡眠をとることができるというメリットもあります。
    質の高い睡眠は、生活習慣を改善することになりますので、自律神経のバランスを正常な状態に戻すためには、非常に有益となります。自律神経失調症の原因については、いろいろあるのですが、乱れた食生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れが大きな原因のひとつになります。サウナに入り、汗を大量に出して、よく寝るということが、基礎代謝をアップさせてくれることになります。
  • サウナの正しい入り方

  • サウナの正しい入り方
  • サウナの正しい入り方については、10分間サウナに入り、じっくりと汗をかきながら、身体を温めます。10分後サウナから出て休憩をとり、身体を冷ましましょう。この動作を繰り返すという簡単な方法です。サウナの入り方のポイントは、「温めて、冷ます」ということです。長時間サウナに入って、汗をたくさんかくという方法は、NGとなります。汗をかかない人が入る最大の目的は、基礎代謝が高い体質を作るということだからです。
    「10分間入って汗をかき、その後10分間体を冷ます」という入り方であれば、まず体温を上げてアセをかこうとしてエネルギーを使い、次に体温を下げようとして、エネルギーを消費するようになります。この動作を続けることによって、基礎代謝が高い体質を、手に入れることができるようになります。ただし、暑いのが苦手という人の場合には、10分間よりも短くしてもかまいません。交互に繰り返すことが、重要なポイントとなるからです。
    サウナは、汗をかいた分体重は減少します。身体から出た水分量の分だけ、体重は減るということです。しかし、脂肪を減少させるというものではありませんので、水分補給すると体重はもとに戻ります。ただ、基礎代謝は確実にアップしていますので、ダイエット効果を期待することはできます
汗をかかない人には、基礎代謝をアップさせるサウナをおすすめします。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事