汗をかかない体質について

汗をかかない体質について

Thumb?1414295452 muah♪さん

588

夏でも涼しい環境で過ごすことが多くなり、運動をして汗を出す機会も減少傾向にあるために、汗をかけない人が増加しています。汗をかかない体質の人は、得だと思う人もいるかもしれませんが、汗をかかない体の中では、血液もドロドロの状態なのです。


  • 汗には、体の体温調節の役割が

  • 汗には、体の体温調節の役割が
  • 人間は、食べ物などで得たエネルギーを代謝することで、生命を維持しているのですが、体内に溜まりすぎた余分なエネルギーの熱は、汗として体外へ放出されています。ところが、汗をかけない体の場合には、このバランスが崩れた状態であり、熱が体にこもったままとなるので、さまざまな不調が引き起こされるというわけです。例えば、体が年中冷えていたり、食欲不振であったり、体が疲れやすく、何となく体がスッキリしないなどといった不調となります。
    アセをかけない体は、代謝機能が低下しています。前述しましたように、体に溜まった余分なエネルギーを、体外へ放出する役目を果たす「汗腺」が、機能していない状態となりますので、体は不活発な状態なのです。代謝の落ちた体は、エネルギーの消費量も低下します。その結果、体を冷やすことになり、太りやすく痩せにくいという体質になってしまうわけです。
  • 汗には2種類が存在している

  • 汗には2種類が存在している
  • 汗には、さらさらのアセであるエクリン腺から出るものと、ドロドロのアセとなるアポクリン腺から出るものの2種類が存在しています。エクリン腺は、体温調節の役割で出る、さらさらの水分の多いアセを出し、一方のアポクリン腺は、体内の老廃物が混じる、ドロドロしたアセを出します。
    後者の老廃物を含むアセは、体臭の原因となるものですが、アセとして体外に出すことが、デトックス効果となっています。ゆえに、アセをかかない体質の場合には、毒素が体内に溜まったままの状態となるのです。この状態が続くと、内臓の機能が低下し、循環が悪くなり、その結果が、慢性化したむくみや冷えとなります。
  • 汗をかくことでメリットが

  • 汗をかくことでメリットが

    出典: instagram.com

  • 運動などで代謝を良くし、アセをかけるようになると、体にはメリットがたくさんあります。まず、体温調整がスムーズに行なわれ、熱中症にかかりにくくなります。また、代謝が上がると、内臓機能が回復しますので、むくみや冷えが改善されます。さらに、ドロドロのアセを出すことによって、体内の老廃物が排出しますので、デトックスがスムーズに行なわれ、美肌効果を得ることができます。
    確かにアセをかかない体質であれば、不快になることも少なく、女性の場合には化粧直しの手間もかからないのですが、アセをかくことのメリットの方が、はるかに大きいというのが事実となります。
汗をかかない体質について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事