脇汗の分泌を防ぐための手術とドクターの選び方

脇汗の分泌を防ぐための手術とドクターの選び方

Thumb?1414295452 muah♪さん

304

臭いや汗シミに悩むことの多い、脇汗によるトラブルを回避するために外科手術で汗腺を取り除く処置を選択するケースもあります。


  • 脇汗の臭い、汗シミが生じる原因

  • 脇汗の臭い、汗シミが生じる原因
  • 体温の上昇や精神的な緊張などで生じる汗は成分の約99パーセントが水分ですが、僅かに塩分やタンパク質などの不純物が混在しています。そのため、発汗したまま拭き取らずに放置すると皮膚や体毛に付着している雑菌による分解作用で特有の臭いが発生することがあります。
    特に脇の下の汗腺から分泌される脇汗は脂肪分などの含有量が多いことから、分解の際に生じる悪臭も周囲に不快感を与えるほどの強さを持ちます。
    また、脇汗は含有成分の作用により衣類の生地に染み込むと黄色に変色することから、見栄えが悪くなってしまう問題があります。

    そのため、脇汗によるトラブルを回避するために外科手術で汗腺を取り除く処置を選択するケースもあります。
  • 効果の高い手術ですが・・・

  • 効果の高い手術ですが・・・
  • 手術によって汗腺を取り除くことで脇汗の分泌を防ぐことが出来ます。
    手術による除去は効果が永続的なので、脇汗に悩まされる煩わしさから解放されるメリットがありますが、その一方で手術は体に大きな負担がかかる点を注意する必要があります。
    また、手術の傷跡が残ってしまうので肌を露出する機会がある人は汗腺の除去は適さないことを理解することが大切です。
    脇汗の分泌が無くなることによって体温調節に悪影響が及ぶ可能性もあることから、術後の定期的な検査も必須になります。
    脇汗の分泌を防ぐための汗腺除去手術は患者の体への負担が大きく、術後の検査も時間や費用の面で患者にとってはデメリットになります。
    また、処置に問題があると汗腺が回復して再び脇汗が分泌されることがあります。そのため、処置を行うドクターの技術力は事前に確認しておくことがトラブル回避のための心得です。
  • ドクターや費用もしっかり検討を

  • ドクターや費用もしっかり検討を
  • 美容外科などの医療機関では患者を獲得するために優秀なドクターが自ら宣伝を行うケースがあります。同じ処置でもドクターの技術力によって術後の経過が大きく変わることから、経験が豊富で信頼できるドクターが常駐している病院を選ぶことが大切です。
    手術が失敗する原因の多くが事前の検査やカウンセリングの不備なので、ドクターと患者の間に強固な信頼関係を構築しながら、体質や健康状態を正確に把握することがドクターの務めになります。
    また、患者にとっても体や家計への負担が大きい手術の内容を詳しく提示できるドクターを選ぶことが、体を労わりながら健康的に汗の分泌を抑えるための条件になります。
    脇汗を発生させる汗腺の除去手術は症状によっては医療保険が適用されることがあります。患者の金銭面の負担が軽減出来る利点がある一方、処置の方法が限定されることからドクターと話し合ったうえで最良の方法を選ぶように心がけます。
脇汗の分泌を防ぐための手術とドクターの選び方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事