脇汗の対策、 医療機関の受診も考えてみては?

脇汗の対策、 医療機関の受診も考えてみては?

Thumb?1414295452 muah♪さん

269

汗をかきやすい季節、特に脇汗に悩まされている人も多いのではないでしょうか。あまりに脇汗に悩んでいるようでしたら、一度、専門医を受診してみてはいかがでしょうか。


  • 季節やストレスによる脇汗に悩む人は多い

  • 季節やストレスによる脇汗に悩む人は多い
  • 汗をかきやすい季節、脇汗対策はどうされているでしょうか。
    朝、出かける前に制汗剤を使えば夕方まで気にならないようなら問題はないでしょうが、下着だけでなく服の色が変わるようだと困ります。
    もともと、汗は体温の上昇を抑えるために汗を蒸発させて熱を発散させる大切な役目を果たしているので、うまく働かないと熱中症になってしまいます。
    また、精神的に緊張したりストレスを感じると汗が多くなることを経験に思い当たる人もいるでしょう。汗をかく場所は、汗腺が集中する手の平、足の裏、ワキの下、額などです。
    特に脇汗が異常に多い状態を腋窩多汗症といいます。
  • 脇汗チェックをしてみましょう

  • 脇汗チェックをしてみましょう
  • その原因には、病や服薬などによるものを続発性格多汗症、特に悪いところがなく原因が特定できない原発性多汗症があります。
    病によるものはその病気を治療すればいいのですが、問題は原因がわからない場合です。

    では、どれくらい脇汗が多いかどうかチェックしてみましょう。

    ・脇汗が気になって人前に出ずらい
    ・学業や仕事に差し支える
    ・においがしているかもしれないと思うあまり人間関係に支障が出る
    ・制汗剤を持ち歩き着替えに手間がかかることが多い
    ・緊張して意識しすぎてさらに汗が出る

    など複数に当てはまるようであれば多汗症かもしれません。

    一度、専門医を受診してみてはいかがでしょうか。社会活動に差し支えるようであれば、医療機関での治療には3割負担の保険が適用させることもあります。
  • 治療の方法

  • 治療の方法
  • 治療にはいくつか方法があります。

    制汗剤を塗る方法は、塩化アルミニウムによる制汗作用が期待できます。これは、ドラッグストアで販売されているものは医薬品ではありません。
    飲み薬では、抗コリン薬や漢方薬があります。心理的なアプローチやレーザー治療などバリエーションがあります。

    他には、ボツリヌス菌注射という選択もあります。
    菌と聞くと驚きますが、ボツリヌス菌のたんぱく質を精製して使われるので、菌を直接脇に注射するわけではありません。
    ボツリヌス菌が交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックするという仕組みによる制汗作用が期待できます。費用は初診料は別で約3万円、施術は5〜10分という短時間ですみ、効果は4〜9ヶ月続くので1年に2、3回受診すればいいということになります。この治療がうけられるかどうかは、多汗症が普段の生活にどれくらい支障をきたしているか医師の判断によるところが大きくなります。

    いかがでしょうか。脇汗の対策に悩んでいる、脇汗が流れない下着や、制汗剤をワンシーズンに何本も購入するようなら専門医を受診してみてはいかがでしょう。あなたに合った対策を今からたてて爽やかな気分で夏を過ごせるようにしましょう。
脇汗の対策、 医療機関の受診も考えてみては?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事