脇汗の分泌を抑える手術の内容や注意点について

脇汗の分泌を抑える手術の内容や注意点について

Thumb?1414295452 muah♪さん

406

脇汗から生じる悪臭は周囲に強い不快感を与える他、汗の染みによって衣類が黄色に変色することがあります。脇汗を分泌するアポクリン腺を除去する解決法を選択するケースもあります。


  • 脇にある2種類の汗腺

  • 脇にある2種類の汗腺
  • 脇の下には汗腺の一種であるアポクリン腺が存在しています。

    アポクリン腺から分泌された脇汗は他の部分の汗と比べて脂肪やたんぱく質などの異物が多く混在していることから、発汗したまま放置すると皮膚上の雑菌による分解作用で特有の悪臭が発生します。
    脇汗から生じる悪臭は周囲に強い不快感を与える他、汗の染みによって衣類が黄色に変色することがあります。見栄えが悪く、衛生面でも問題が生じることから、脇汗の分泌を抑えることが社会人としての身だしなみになります。

    発汗を抑えるために市販の制汗スプレーを使用する方法がありますが、手軽に使用できる一方で一時的に抑制するだけなので、根本的な解決にならない欠点もあります。
  • 外科手術によりアポクリン腺を除去

  • 外科手術によりアポクリン腺を除去
  • また、発汗の度に拭き取る行為も手間がかかることから、脇汗を分泌するアポクリン腺を除去する解決法を選択するケースもあります。

    外科手術によってアポクリン腺を取り除く処置は汗腺が無くなることで発汗が生じないのが大きな特徴です。
    汗をかかないので悪臭も発生せず、不潔になりやすい脇の周辺の衛生管理が容易になる利点があります。
    美容外科などの医療機関で手術を受けることが出来ますが、費用は患者が全額を負担するので注意が必要です。
    脇汗を分泌するアポクリン腺を手術で除去する方法は効果が高い一方、体に大きな負担がかかるので事前の検査が不可欠になります。
    また、脇の下に大きな傷跡が残ってしまうので、肌を露出する機会がある人には適さない方法であることを理解する必要があります。
    手術を受けた後は体調の確認のために定期的に検査を受ける必要があるので、多忙な社会人が手術を受ける際はスケジュール調整を入念に行うように心がけます。
    外科手術は同じ処置であっても医師の技術力の差で違いが生じます。
    処置に不具合があると汗腺の再生や手術跡の化膿などのトラブルに見舞われるので、評判が良く信頼できる医師が常駐している病院を選ぶことが安全に処置を受けるための心得です。
  • 注射により汗腺の機能を低下させる方法

  • 注射により汗腺の機能を低下させる方法
  • 近年では汗腺の機能を低下させる薬剤を注入することで脇汗の分泌を抑える方法が用いられることがあります。
    薬剤の注入は傷跡が残らず、体への負担も少ないことから手術よりも手軽に処置を受けることが出来るのが大きなメリットです。
    その反面、薬剤の効果が切れると汗腺の機能が回復して再び脇汗が発生してしまうことから、繰り返し薬剤を使用する必要があります。処置を何度も行うことになるので費用が高額になりやすく、家計を圧迫してしまう可能性があります。
    脇汗の抑制は費用や安全について考慮して、最も適切な方法を選択することで事態を健康的に改善させることが出来ます。
脇汗の分泌を抑える手術の内容や注意点について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事