脇汗を止めるコストについて

脇汗を止めるコストについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

308

さまざまな脇汗を止めるための方法がありますが、クリニックやエステサロンなどで施術を受けるというような方法があります。それぞれの方法でどのくらいの費用が必要なるのか見ていきましょう。


  • 脇汗を止めるための方法

  • 脇汗を止めるための方法
  • 現在さまざまな脇汗を止めるための方法があります。
    自分で手軽にできるというような商品がドラッグストアなどで販売されていますが、このほかにはクリニックやエステサロンなどで施術を受けるというような方法があります。
    効果は個人によって差がありますが、どのような方法を選ぶのかと言うことを考えたときに、コストを重視するという人が多くなっています。
    したがってそれぞれの方法でどのくらいの費用が必要なるのかと言うことをまずはしっかりと把握しておく必要があります。こうすることで自分が納得できる対策をすることができます。
  • ボトックス注射の場合

  • ボトックス注射の場合
  • 脇汗を止める方法としてはいくつかありますが、そのなかでボトックス注射という物があります。これは脇汗や手のひらの汗に効果があるとされています。
    メスを使わなくても処置をすることができる方法で手軽で誰でも受けやすいという特徴があります。効果は短くて3ヶ月で長くて1年となっています。
    手術の方法としては、汗腺を衰えさせるためにボツリヌストキシンを汗が気になるところに注射をします。
    施術時間は15分程度と短くなっています。手術をした後すぐに日常生活を送ることができます。副作用の心配があまりないという特徴があります。
    気になるコストに関してですが、脇の下の部分は保険が適用されるようになっています。
    したがって3割負担で3万円、自費の場合には10万円程度となっています。したがって保険の適用を受けることができるクリニックを選ぶようにします。
  • 脇の手術、剪除法

  • 脇の手術、剪除法
  • また脇の手術として剪除法があります。
    これは脇の下の部分にある汗腺を取り除くようになっています。神経にふれると言うことがないので、代償性発汗が起こると言うことがありません。
    手術方法は脇の下を3センチメートルから4センチメートル程度切開をし、アポクリン線を取り除きます。この手術で汗の量が半分程度になるとされています。
    手術の時間は2時間程度になっています。術後のさまざまな処置を含めると、治療の期間は1週間以上となっています。こ
    の方法では再発の可能性がほとんどありません。また汗腺を直接見て切除をすることができるので、確実に処置をすることができます。
    気になるコスト面ですが、保険適用を受けることができます。この場合費用は5万円以下となっています。保険適応外の場合には30万円程度となっています。
    美容外科などで施術を受けるときには、保険を取り扱っていないということもあるので、事前に確認をしておくようにします。
脇汗を止めるコストについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事