脇汗とわきがの治療方法としての手術

脇汗とわきがの治療方法としての手術

Thumb?1414295452 muah♪さん

341

夏になると、脇汗が増え、わきがが気になる人も多くなります。これらの対策として、軽度なら、制汗剤や消臭剤を使用したスプレーやシートなどが挙げられますが重症の脇汗やわきがに対しては、手術も選択肢の一つです。


  • 脇汗やわきがの原因

  • 脇汗やわきがの原因
  • 夏になると、脇汗が増え、わきがが気になる人も多くなります。誰でも、暑い時期には汗をかきますが、特に脇汗が多いのを腋窩多汗症と言い、別の原因があります。
    まず、わきがが気になる人は、わきがの原因となるアポクリン腺が発達しており、そこからの発汗も多くなるからです。
    また、精神的に緊張したり、ストレスがかかることによる精神性発汗があります。
    糖尿病や甲状腺機能亢進症など、他の病気が原因で、二次的に脇汗が多くなることもあります。
    また、更年期などに性ホルモンのバランスが崩れると、急に脇汗が多くなることがあります。
  • 制汗剤や消臭剤を使用した方法

  • 制汗剤や消臭剤を使用した方法

    出典: instagram.com

  • これらの脇汗やわきがの対策として、軽度なら、制汗剤や消臭剤を使用したスプレーやシートなどが挙げられます。
    今は、非常に多種多様な制汗グッズが開発されているので、自分に合ったものを選べます。他に、消臭クリームや除菌・殺菌剤、汗取りパットなども開発が進んでいます。
    また、脇汗の原因となるストレスを減らすか、解消法を見つけることも効果的です。脇汗を気にしすぎると、それが新たなストレスになってしまいますので、気にしないように意識改革をするトレーニングもあります。
    また、他の病気が原因なら、その治療や、ホルモンの乱れが原因なら、ホルモン療法などが有効です。
    しかし、いずれの治療法や対策も効果のない重症の脇汗やわきがに対しては、手術も選択肢の一つです。
  • 重症の脇汗やわきがに対して手術という方法

  • 重症の脇汗やわきがに対して手術という方法
  • わきがの手術は、剪除法が主流で、脇の皮膚の下のアポクリン腺を除去する手術です。
    アポクリン腺から分泌される汗がわきがの原因ですので、根本的な治療になり、脇汗の量も半分ぐらいに減少するそうです。
    原発性(二次的な症状でない)腋窩多汗症に対しては、発汗をつかさどる交感神経を切除する手術があり、胸腔鏡下胸部交感神経遮断術といいます。脇からの発汗は大きく減少するのですが、代償として、他の部位(手のひらなど)からの発汗が増えるという副作用があります。その副作用を抑えるため、より下位の交感神経を遮断する手術も検討されています。
    また、メスを使用しない手術としては、ボツリヌストキシンを注射するボトックス手術があります。ボツリヌストキシンを脇の下に20か所程度注射することによって、神経伝達物質のアセチルコリンの放出を抑え、発汗を抑えることができます。手軽ですが、効果が半年程度しか持続しないというデメリットもあります。
    いずれの手術も、保険が適用されれば10万円以内で、日帰りで受けることが可能です。保険が適用されるのは、日常生活に支障をきたす重度の場合が中心となります。
脇汗とわきがの治療方法としての手術
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事